あおり運転を空から監視 岩手県警

Posted by aishinkakura on 28.2021 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
スバルヘリ 昨年6月に改正道路交通法が施行され、「あおり運転罪」が創設されてから1年が過ぎました。岩手県内でも今年6月末までに、同罪で1件摘発されました。県警は覆面車両などでのパトロールに加え、年内にも新型ヘリコプターを導入し、陸と空から悪質な運転に目を光らせるようになります。

 県内では3月、一関市の会社員の男(当時58歳)が、道交法違反(あおり運転、速度超過)容疑で書類送検されました。発表によると、男は昨年9月、同市内の国道で軽乗用車を運転中、60歳代男性の軽乗用車を法定速度を30キロ以上超える速度で追い越し、その後、男性が男の車を追い越そうとしたため、右に進路変更して男性の車と衝突させた疑い。男性の車がハイビームで追走していたことに腹を立てたとみられるといいます。

 この他、妨害が故意ではないとして「車間距離保持義務違反」や「追い越し違反」など、交通反則切符の交付にとどまったケースは、今年1~5月で94件(速報値)で、昨年同期の135件から大幅に減少しています。降雪などで路面状況が悪かったことに加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が重なったことが影響したとみられています。

 県警は年内にも、安定飛行に優れた新型ヘリコプターの運用を開始し、適切な車間距離を取っているかなど、上空からの取り締まりを強化する予定です。ヘリコプターは2019年にSUBARU(スバル)が警察庁から受注したもので、実際に配備されるのは県警が初めてとなる見込みです。交通指導課は「思いやりや譲り合いの気持ちで、車間距離を広めに取って運転してほしい」と呼びかけています。

 空からですと車間の問題や蛇行運転などが一目瞭然ですからいいことですね。岩手県に限らず全国で採用してもらいたいと思います。
元記事;読売新聞




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

全国に先駆けて岩手県警のヘリが配備になるのですね。
そちらに比べると車は少ないので監視しやすいのかもしれません。
私は”車間距離をとって飛ばさない”運転をしているのでヘリで監視されることは無いでしょうが安心して運転できるよう頑張って監視してほしいものですね。
2021.07.28 07:01 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

Kaz様は岩手県にお住まいでしたね。ヘリで監視というのはいい試み
だと思います。いくらドライブレコーダーがあるとはいえ、あくまで
証拠映像です。リアルタイムであおられたら防御できません。
ヘリからスピーカーで注意を促し、いうことをきかなかったら
ライフル射撃してもらいたいです。(もちろん威嚇です)

愛新覚羅
2021.07.28 07:12 | URL | aishinkakura #- [edit]
ヘリコプターはけっこう音がうるさいですから住宅地の夜に限っては、は難しいでしょうが、他は有効ですね。って、住宅地では、あおり運転はしないのかな???

知人の家の近くで、よくドクターヘリが飛ぶのだそうです。ものすごくうるさくって、家族で会話できないくらいだけれど、救急患者さんのために飛んでいるのだからと、文句も言えないそうです・・・。
2021.07.28 20:57 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

騒音は確かに問題でしょうね。でも救急車だってかなり
うるさいです。いいことをしているのなら容認するしか
ないでしょう。暴走族の騒音とは違うのですから。

愛新覚羅
2021.07.28 21:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
 以前は、プライバシーの侵害とか言われていましたが、それは人は皆善意のものであるという解釈から来たもの。でも、今はそうではない。悲しいことですが、こういった取り締まりは必要であると皆が認識するようになりました。
 この後も新しい認識が現れると思います。
 
2021.07.28 23:08 | URL | ひねくれくうみん #- [edit]
京都ではけっこう前からヘリを使って摘発を行ってますよ^^
しかしこれだけ世間があおり運転を騒いでいるのに
未だになくなりませんね。
ハンドルを握ると気が大きくなる人は相変わらず多いです。
「どんな輩が運転しているのか?」と思って運転手の顔を見ると
ほとんど普通のオッサンですね(笑)
2021.07.28 23:16 | URL | かのぼん #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3350-d6c40b04