立憲の衆院議員「拉致被害者生きてない」と失言

Posted by Two-Pen on 15.2021 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
ubukata.jpg 失言は自民党の大臣だけの専売特許かと思ったら野党の国会議員もです。本当に日本の政治家は駄目な人が多いですね。
 立憲民主党の生方幸夫党衆院議員(比例南関東ブロック)が、北朝鮮による拉致問題について「もう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」が10月11日、抗議声明を出しました。生方氏は同日、ツイッターへの投稿で発言の撤回とおわびを表明しています。

 救う会などによると、生方氏は9月23日、千葉県松戸市で開いた「生方幸夫市民フォーラム」と題する集会で発言。拉致被害者の横田めぐみさんについて「生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も。生きているなら帰すのではないか」などと語った動画がネットに投稿されました。
 家族会と救う会は声明で「生方議員は人の命にかかわる重大な人権問題について、日本政府の基本的立場を否定し、北朝鮮の主張に賛同している。拉致被害者家族と支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒瀆だ」と抗議し、発言の取り消しと謝罪を求めました。

 生方氏は同日、自身のアカウントで「不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族の皆様及び関係者の皆様にお詫び申し上げます」とツイートしました。事務所によると、本人が投稿したということです。

 拉致問題は小泉総理の時代に少し進展しましたが、その後は全く進んでいません。拉致被害者の家族も高齢になり、亡くなっている方も出てきています。親の身になれば子供のことを永久に思うのは当然です。生方議員は誤っただけでは済まないでしょう。ただの失言ではありません。
元記事:朝日新聞デジタル



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

自分はそう思っていても、そうは思わない人がいるだろう
と思わないのが不思議ですね。
失言する人は大抵視野が狭くて、自分だけの観点で発言しますが、
世間から叩かれるとすぐお詫びし、取り消します。

簡単に自分の前言を翻すのが駄目な人の特徴ですが、
悪い人の特徴は、つじつまの合わない言い訳をしたり
言ったが、そういう意味ではなかったとか、
そんなことは言わなかったなどとごまかすので、
まだひとがいいのかもしれません。
がしかし、確かに代議士は頭の悪い人が多いですね。
ところが学歴は皆いいので、これも不思議です。
2021.10.16 08:51 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

失言する人は公演などでの受けを狙ってつい言ってしまう
というケースが多いみたいですね。
冗談を言っているつもりが、そうとらえてもらえなかった
ということなのでしょう。
少なくとも代議士なのですから影響力を考えてほしいもの
です。
高学歴というのは国立一期校だと思うのですが、所詮は
詰め込みでテストでいい点を取るのが上手いというだけ
なのでしょうね。決して頭脳明晰という訳ではないようです。
私が言うと三流大卒のヒガミにしか聞こえませんが(笑)

愛新覚羅
2021.10.16 10:07 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3442-a5e731a5