エレキベースの配線修理

Posted by Two-Pen on 08.2022 ギター関係 10 comments 0 trackback
 弟が持っているエレキベース(JazzBase)のポット(ダイヤル部分)が固化してしまい回らなくなっていました。このままでは使えないので修理を申し出ました。そして普通にポット交換をしようと思いましたが、リクエストがありました。
 普通のJazzBaseはフロントボリュームとリアボリューム、そしてトーンボリュームの3つの構成となっています。それをバランサーボリュームを使用してフロントとリアのボリュームをフレキシブルに変動できるようにしたいとのことでした。そんな知識はないのでネットで検索してみると回線図が出ていました。これならできそうなので普通のポットを2個とバランサーポットを1個購入して修理を開始しました。

JBつまみを外した

 まず手こずったのはポットについているダイヤルつまみです。これも固化してしまって抜けません。潤滑スプレーを吹きながら時間をかけて3つ外しました。この作業が一番大変でした。
 






     JB①レギュラー配線 JB元の配線
                 レギュラー配線




        JB②バランサーポット 
 配線で難航したのはバランサーポットの配線です。小さなポットに配線が入り組んでいます。ハンダこてを持つ手が震えてしまいます。 
            





      JB③簡略配線JB新配線
                バランサー配線


 配線が完成して音を出してみるとフロントピックアップからの音が出ていません。ピックアップが壊れているかも知れませんので一度配線を外してピックアップ直結で音を出してみました。すると小さいのですが音は出ています。確認できたのでまた配線をし直してフロントピックアップを弦に近づけ、リアピックアップを弦から離して音量調整をしてみました。
 その結果、十分ではありませんが何とかバランサーを回すとフロント中心の音とリア中心の音を出すことができました。

 そこまでやって気づいたのはトーンが効いていないのです。コンデンサーをかませたり。アースの場所を変えたりしてみましたが、音が出なくなったり、ノイズばかり出てしまたったりでうまく行きません。何度も配線をし直してハンダ疲れしてしまいました。
 結局丸々2日かかりで行いましたがトーンの問題が解決していません。でもこれ以上やると元にもどれなくなってしまいそうなのでこれで終了とさせてもらいます。
 うまく行ったような行かなかったような複雑な心境です。ハンダの扱いだけは上手くなりました。(笑)

           JB完成
                   一応完成です






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

兄者、おはようございます。

ベースの修理ありがとうございます。このベースは、持っている中では一番気をつかわず弾ける楽器なので、これからどんどん弾いていこうと思います。次にそちらに行く時が楽しみです。本当にありがとうございます。
2022.01.08 07:31 | URL | 大パンダ #xm97/rAs [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

もし弾いてみて気に入らなかったらスタンダードの配線
に戻すことも可能です。

愛新覚羅
2022.01.08 08:01 | URL | aishinkakura #- [edit]
余計なお節介かも知れませんが、昔ながらのアナログのテスターがあると一発で不良を特定出来ますよ。配線の確認以外にもピックアップの故障、ポッドの故障、コンデンサーの故障まで解りますよ。非常に安い物なので一つあると、色々修理に役立ちます。
2022.01.08 10:37 | URL | 通りすがり #- [edit]
こんちちは。コメントありがとう御座います。

アドバイスをありがとうございます。
実は持っています。今までは持っていなかったのですが
1昨年ドライブレコーダーを付けたときに購入して
使いました。今回も一応は確認のために使っています。
慣れていませんのでネットで使い方を確認しながらですが。

愛新覚羅
2022.01.08 10:48 | URL | aishinkakura #- [edit]
ベース・ギターの改造修理お疲れさまでした。
トーン(ローパスフィルター)がうまく働かなくなってしまったのですね。
考えられる原因はコンデンサーの不良またはコンデンサの接地側がポッドのケース経由の接地となっていますがはんだ付け不良も考えられます。
トーンのケースにはんだ付けされている黒い線(アース側の線?)に直接足をはんだ付けしたほうが確実と思います。
元の回路はピックアップがそれぞれのボリューム一つだけ経由して出力されていますがバランサー配線ではマスターボリュームが付加されているので以前より減衰量が大きくなっていないか心配です。
マスターボリュームをMAXにすれば以前と同じゲインになるはずなので大丈夫なのかもしれませんが。
それぞれのつまみの使い方が全く分かっていないので的外れであればゴメンナサイです。
2022.01.08 17:40 | URL | kaz #- [edit]
バーソ様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

また的確なアドバイスをありがとう御座います。
「トーンのケースにはんだ付けされている黒い線(アース側の線?)に直接足をはんだ付け」
やってみる価値がありそうです。

愛新覚羅
2022.01.08 19:12 | URL | aishinkakura #- [edit]
kazさん、こんばんは。アドバイスありがとうございます。

>バランサー配線ではマスターボリュームが付加されているので以前より減衰量が大きくなっていないか心配です。
はい、実際その通りです。実は、ジャズベースはもう1本持っておりまして、それはノーマルの配線なので、ご安心ください。こちらのベースは音質や大きさよりも、扱いやすさを主に考えました。
2022.01.08 20:12 | URL | 大パンダ #xm97/rAs [edit]
再び、お節介ですが、Kazさんの意見に賛成です。Toneが効かないという事はポッドの抵抗とコンデンサーを介してグランドに落ちていないということなのです。ノイズが出ているとの事ですが、通常、エレキギターはポッドの所の板から、ブリッジを通して弦まで、グラウンドに落としています。もしかして、ブリッジへの線が外れてませんか?
2022.01.08 22:17 | URL | 通りすがり #- [edit]
またまた、お節介ですが、グランドにハンダする時は100W位のハンダゴテが必要です。ハンダ上級者でも、低出力のハンダゴテではエレキギターのポッドのグラウンドへのハンダは難しいです。
2022.01.08 22:25 | URL | 通りすがり #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

ハンダこてのW数ですね。知りませんでした。
ありがとう御座います。

愛新覚羅
2022.01.09 06:45 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3511-eb7513aa