日本円の力、半世紀前の水準まで弱体化

Posted by aishinkakura on 15.2022 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
かわせレート

 ほかの国の通貨に比べ、日本円はモノを買う力が強いのか弱いのか。そんな通貨の購買力を示す国際指標で、日本円が約50年前の水準まで下がっていることが分かりました。この1年で急激に円安が進んだのも一因です。その分、輸入に頼る原油や食材などが値上がりするなど、暮らしへの影響も広がり始めています。

 この指標は、国際決済銀行(BIS)が毎月公表しており、「実質実効為替レート」と呼ばれる。約60カ国・地域の通貨を比較し、各国の物価水準なども考慮して総合的な通貨の実力を示します。数値が低いほど、海外からモノを買う際の割高感が高まります。円安が進むと、海外旅行で何かと割高に感じるのと同じです。

 この指標をみると、日本円は昨年5月に80以上でしたが、海外でコロナ後の景気回復への期待が先行して円安基調となり、下落傾向が続きました。昨年10月に70を割り込み、11月に67・79まで下落。これは同様に円安が進んだ2015年6月以来の水準で、1972年8月と同じ値です。過去最高だったのは、一時1ドル=79円台まで円高が進んだ95年4月で150・85ですたので、その当時と比べ、大幅に海外のモノが高く感じる状態になっています。

 輸出産業にとっては海外のライバル国に対し価格競争力が増しますので円安も悪くはないのですが、食料自給率がカロリーベースで4割以下の我が国では食料品の値上げとなってしまいます。食品原材料の仕入れの仕事を行っていたときは為替レートは常にウオッチしていましたが今はどうでも良くなりました。但し石油製品が高いのは困ります。
元記事:朝日新聞デジタル




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

仕事で輸出も輸入もありますので、為替レートはいつも気にしていますね。購買力は落ちていると思います。やはりインフレターゲットを高くセットしないとだめですね。
2022.01.15 08:31 | URL | TORU #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

大雑把ではありますが円高の方がうるおう企業数は多いと
思います。昔、自動車や家電が市場を引っ張っていたころは
円安の方が全体の景気に影響していましたが、今はそれも
ありませんね。

愛新覚羅
2022.01.15 08:46 | URL | お名前 #- [edit]
輸出する際は円安が好ましいのでしょうが私は消費者として円高の方がうれしいですね。
アメリカのebayで仕入れる際円が70、80円台の頃はとても割安感がありました。
その頃はUSPSの船便もまだあったので送料も安くて重宝しました。
趣味のものは日米の相場が物によってかなり違うものもあったので為替相場を肌で
感じながらセカイモンが始まるまではオークションでの売買を楽しみました。



2022.01.15 10:00 | URL | kaz #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

個人消費からみたらなんといっても円高の方がメリットが
ありますね。個人輸入もそうですし、海外旅行にしても
有利になります。それになんといっても食品ですね。
ほとんどのものを輸入していますので円安は厳しいです。

愛新覚羅
2022.01.15 10:31 | URL | お名前 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3520-78568cb9