池の水抜いてみたら…

Posted by Two-Pen on 20.2022 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
アリゲーターガーul 中国中部の河南省汝州市にある雲禅湖という池でこの夏、「怪魚」が見つかったという情報がありました。池の水を約1か月かけて抜いたところ、8月27日に外来種の大型肉食魚アリゲーターガー2匹を捕獲したとのことです。捕獲シーンはネット配信され、数千万人が視聴したといいます。
 北米が原産地のアリゲーターガーは凶暴かつ何でも食べる特徴から「水中の殺し屋」と呼ばれ、野生の場合は2メートル以上に成長します。人工飼育でも約1.5メートルまで大きくなるといいます。アリゲーターガーはここ数年、広東省、広西チワン族自治区、福建省、四川省など各地で確認され、江蘇省では団地の池で遊んでいた男の子が指3本をかまれるけがをしています。

 口先がとがっており、水面に浮かぶ姿がワニに似ているアリゲーターガーは観賞用として人気だそうです。観賞魚の販売店やインターネットで販売されており、あるサイトでは長さ15~35センチの幼魚を40~155元(約800円〜3101円)で販売。「簡単に育てられる幸福の魚」「48時間以内に発送」などと宣伝しているようです。

 中国水産科学研究院珠江水産研究所の顧党恩副研究員は「アリゲーターガーは特殊な形状から観賞魚として人気だが、急速に成長するため、水槽で飼えずに飼育を放棄する人が多い」と話しています。アリゲーターガーは日本でも名古屋城のお堀で発見され話題になっている。中国では河南省でアリゲーターガーが見つかった後、各地の店頭やオンラインでの取引が制限されるようになっています。
 中国では外来種が増え続けており、農業や漁業、畜産業などに害を及ぼしています。生態環境部によると、中国で見つかっている外来種は約660種。国際自然保護連合が定めた「世界の侵略的外来種ワースト100」のうち50種類が確認され、世界的にも外来種の影響が深刻な国となっています。輸入した穀物や食物、貨物に混入したり、観賞用に輸入した外来種が広まったりしているようです。経済成長に伴い輸入品目や輸入量が増えていることと、経済的に豊かになった市民が変わった外来種を観賞用に購入することが要因で、経済成長の思わぬ「副産物」に悩まされているようです。
元記事:東方新報



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

アリゲーターがーや、ワニガメなんかを飼って、買いきれなくなって捨ててしまう人が多いそうです。でも、そんなのが普通に湖沼にいたら、怖いよ~。
ミドリガメなんかもそうですね。前住んでいたところの川には、カメが何匹かいましたが、みんなミドリガメ。
2022.11.20 16:05 | URL | ひねくれくうみん #- [edit]
「池の水を約1か月かけて抜く」という徹底ぶりを感心します。
日本では某テレビ番組で池の水を抜いていますが、必要ならば行政が行うべきでは。
戦争といい、COVID-19といい、何をしても中途半端な国なんだな~と情けなく思う最近です。
2022.11.20 16:21 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そうですよね。ペットとして飼っておきながら捨ててしまう
とは許せません。計画性のなさと責任感のなさのダブル汚点
でしょうね。

愛新覚羅
2022.11.20 19:04 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

日本でもテレビ局が視聴率をかせぐために小さな池の
水抜きを放送することがあります。しかしプールを大きくした
くらいの小さな池です。中国のような大掛かりなことは出来ない
のでしょうね。
中国はコロナ対策もゼロコロナなど徹底しています。これが
いいかどうかは別にして徹底出来るのが凄いです。

愛新覚羅
2022.11.20 19:08 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3792-7ab7d113