ストラトキャスターの修理

Posted by Two-Pen on 06.2022 ギター関係 4 comments 0 trackback
 私の何本かあるギターのうちフェンダージャパンのストラトキャスターのピックアップセレクターが壊れました。今までも接触が悪かったので接点復帰剤をかけたり、接触部分にやすりをかけたりしてごまかしていましたが、この度完全にいかれてしまいました。エレキギターを知らない人のために説明しますと、この部品はストラトの場合3個ついているピックアップ(マイク)の切り替えレバーです。この部品は米国製、日本製、そしてオープン型、密閉型とあるのですが、はじめからついていた国産の密閉型を購入しました。
01新品のセレクタ
 新品のピックアップセレクター

02修理するストラト
    交換するのは赤枠の部分


 交換方法はこのギターの場合、まず弦を外し、ピックガード(白い板の部分)のネジを外します。そしてピックガードを裏返すと色々と部品が現れてきますのでセレクターに繋がっている配線の半田を外します。
03故障セレクタ
    ピックガードを裏返したところ

04新品に半田づけ
    新品のセレクターに半田づけ


そして新しいセレクターに半田づけしてピックガードを反転させてもとにもどし、ネジ止めして完成です。
 普段は弦が邪魔をして掃除できない箇所もこの機会に拭き掃除しておきました。そして弦もしばらく交換していませんでしたので新品に交換しました。

05完成して弦も張り替え
      修理が終わり弦も新品に
     セレクタの頭は古い白のものを使用

 ストラトキャスターは普通5Wayというセレクターを使います。切り替えが5接点のものです。しかし私のは1958年のヴィンテージ復刻版なので当時の3Wayを使っています。ほんとうは音の選択肢が広い5Wayの方がいいのでしょうがオールドモデルのままにしたかったので忠実に3Wayにしています。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ギターには3つのマイクがついているのですね、ギターの裏側も初めて見ました。
どのマイクの音をアンプに送るか選ぶスイッチが壊れるということは結構頻繁に切り替えているということですか、演奏中にも切り替えるのですか?
3つのマイクはどのように使い分けるのでしょうか?
きっと弦とマイクのすき間も調整できるのでしょうね。
3wayのスイッチはマイクが3つなので分かりますが5wayというのはどのように使うのでしょうか?
配線を見るとマイクに布被覆コードが使われていますがもともとは全部布被覆コードだった? 1958年復刻版はワイヤーまで忠実に当時を復刻してあるということでしょう、ビックリです。
始めての眺めに興味が湧きまして・・・質問ばかりですいません。

2022.11.06 17:18 | URL | kaz #- [edit]
教授、こんにちはv-222

先日、ブラックナイトを弾いた
ストラトですね。
自分は配線までしませんでしたが
教授は器用ですね~

自分はハーフトーンはあまり使わないので
3WAYで十分だと思います(^^♪
2022.11.06 17:27 | URL | み~むし #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

わあ、質問攻めですね。
スイッチの切り替えは演奏中でもあります。
しかし、それほどの頻度ではありませんので部品が良くないのでしょう。
3つのマイクの切り替えですが、ネックに近い方が柔らかい音、でテール
に近い方が硬い音です。普通は曲のムードに合わせます。
弦とマイクの距離ももちろん調整できます。近いと大きくなりますが
近すぎると音が割れます。
5Wayは第1マイクと第2マイクを同時に鳴らすのと第2マイクと第3マイク
を同時に鳴らすので2タイプ増えます。
布被覆コードの件はわかりません。他のギターもマイクについているのは
布被覆コードだったと思います。
半田づけは元々得意ではないし狭い場所なので苦労しました。

愛新覚羅
2022.11.06 18:15 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

昨日はライブお疲れ様でした。
そうです。実はブラック・ナイトを弾いているときも調子が
悪く、音が出たり出なかったりしていました。
配線はもとの通りつなげただけですので難しくはないのですが
いったんバラバラにして配線しなおしたら往生すると思います。
ボリュームポットの交換くらいでしたら簡単ですが。

愛新覚羅
2022.11.06 18:21 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3814-daf06f63