悪質いたずら予約が飲食店翻弄

Posted by Two-Pen on 14.2022 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
いたずら注文0c-m 10月10日正午ごろ、大阪市浪速区のたこ焼き店「グーニーズ」に非通知設定で電話がかかってきました。スタッフが出ると、女の声で「ヤマザキ」と名乗る客が、6個入りのたこ焼き4パックとサイドメニュー4パック(総額約3千円)を注文しました。

 しかし、客はいつまでたっても現れません。伝えられていた電話番号にかけると、つながったのは大阪府内の大手アパレルの店舗。「ヤマザキさん、いますか」。スタッフが尋ねると、いたずらだったと分かりました。
 さらにアパレル店には数年前から300店以上の飲食店から同様の問い合わせが寄せられていることも判明しました。いずれも「ヤマザキ」と名乗る人物だといい、グーニーズの店長の女性は「同一人物が嫌がらせ目的でしているのではないか。対応に当たったアパレル店側のことを考えると胸が痛い」と話しています。
 この店長がツイッターに被害の実態を投稿したところ、瞬く間に拡散。リツイート(転載)数は約1万6千件に上りました。

 店長は大阪府警浪速署に被害届を提出。「同じように被害を受けている店がたくさんある。啓発になれば」と語りました。被害を機に非通知の電話を着信拒否設定にしましたが、店の自衛も限界があります。「どこまで防げるか」。不安は残ると語っています。

 後を絶たない「いたずら予約」は、どうすれば防げるのでしょうか。
 ある弁護士は、インターネット注文で、事前決済のみ受け付ける▽電話予約の場合は折り返して本人確認をする▽作り始める前に再度予約を確認する−といった方法を提案しています。
 店も時間があればいいのですが忙しいときにかかってきた電話でいちいち対応するのは現実的ではありません。やはり前金にするしかないのでしょうね。
元記事:ライブドア



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ひとに嫌がらせをして喜ぶ人間は最低です。
警察は電話会社に協力してもらって電話主を調べられないのでしょうか。
SNSよりも容易に犯人を突き止めることができると思うのですが。

あるいは非通知電話は受け付けない、というのはどうでしょう。
だいぶ以前ですが、わが家に知らない金融会社から電話がかかってきて、
金儲けに関心がないですか?と訊ねられたので、「関心ないです」と答えたら、
「あんた男ですか」と言われたことがあります。その電話は非通知でした。

最近は食品の透明包装(パック)が強靭すぎて手でなかなか破れません。
袋を開けたり、針などでいたずらする者がいるからでしょうが、
商品回収となると億単位の金が掛かる場合があるはずです。
江戸時代だったら、打ち首か手首切断でしょう。
ぜひ刑罰を重くしてほしいものです。
2022.11.16 11:06 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

愉快犯か恨みがあっての犯行だと思いますが、いずれにしても
良くありませんね。迷惑をかけて損害も出させているのですから。
おっしゃるように刑罰は重くすべきだと思います。
電話とかSNSとか顔が見えなければ何でもやってしまう輩は
許せませんね。

愛新覚羅
2022.11.16 13:14 | URL | お名前 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3822-03f634f6