「糖尿病」の名称変更?

Posted by Two-Pen on 25.2022 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
糖尿病名称変更 日本糖尿病協会は11月7日、「糖尿病」という名称の変更を検討する方針を明らかにしました。患者の大半が不快感を抱いていることなどを踏まえたもので、今後1、2年のうちに新たな病名を提案したい考えだそうです。日本糖尿病学会とも連携し、具体的な検討を進めるとのことです。

 患者を対象としたインターネットによるアンケート調査(2021年11月8日~22年9月30日実施)によると、回答者1087人の9割が病名に何らかの抵抗感・不快感を持ち、変更を希望する人が8割に上ったということです。「尿」という言葉が持つ負のイメージへの懸念が多かったといいます。
 同協会の清野裕理事長はセミナーの冒頭、「糖尿病に対する誤った認識が偏見を助長し、差別を生んでいる」と指摘。具体例として「生命保険や住宅ローンに加入できない」「就職が不利になった」「怠け者のような目で見られる」などを挙げた上で、医療従事者やメディアが事態改善に力を注ぐ必要性を強調しました。

 同協会は糖尿病に対する偏見を払拭するため、関連する医療用語の見直しに着手してきています。「糖尿病患者」を「糖尿病のある人」、「血糖コントロール」を「血糖マネジメント」に変えたり、「療養指導」などの語句の使用を取りやめたりすることに取り組むとしているそうです。

 自分も糖尿病なので理解できますが「糖尿病患者」を「糖尿病のある人」、「血糖コントロール」を「血糖マネジメント」てどうなんでしょうね。何も変わらないと思いますが。
元記事:時事通信社



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

そうですね~
読めないどころか、書けません.涙
>外国人患者さんには通じない医療用語 | メディカLIBRARY
https://ml.medica.co.jp/series/medicalterm/1021/
英語で「糖尿病」を意味するのは、「Diabetes Mellitus(ダイアビーティス メライタス)」なんだそうですよ。しかし、日本の医療者が使う略語「ディーエム(DM)」は英語圏では通じないそうです。

それからすれば「Diabetes(ダイアビーティス)」で良かろうと思うのですが..
HbA1cだって、10年程前は「HbA1c(JDS)」でしたが、今では「HbA1c(NGSP)」なんですから、敢えて日本語に拘ることは無いと思うのですが。

話は飛びますが、最近の日本語はカタカナ・和製英語などなどが混じりすぎです。
面倒だから、日本語を捨てて、英語に..なんて思う事もあります
2022.11.25 15:02 | URL | 呑兵衛あな #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

英語圏のことまでは考えも及びませんでした。
日本語だけでも難しいのに。
HbA1cの数値だけなら通じるのでしょうね。

愛新覚羅
2022.11.25 18:53 | URL | お名前 #- [edit]
大して変わりませんね。

変えるならもっと頷ける病名に!!ですね。
2022.11.25 22:15 | URL | パープル #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

こんなことに労力を使うなら他の事(治療の充実)に
集中してもらいたいです。

愛新覚羅
2022.11.26 06:59 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3834-eabb098f