本を裁断せずにスキャンできるブックスキャナ

Posted by Two-Pen on 23.2023 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
ブックスキャナl サンワサプライ株式会社は、非破壊ブックスキャナ「400-SCN063」を発売しました。価格は7万4,800円です。
 A4サイズまでの本を裁断せず、非破壊でスキャンできるブックスキャナ。ガラス面までのエッジ幅が約2mmで、綴じしろの影が映らずにページの端までスキャンできるといいます。厚さ4cmまでの本に対応する取り外し可能な原稿カバーを搭載しています。
 本体のボタンでカラースキャン、グレースケールスキャン、モノクロスキャン、削除の操作が可能。また、付属ソフト「Book Pavilion」でPDFなどでの保存や画質調節などもサポートしています。

 主な仕様は、センサーがCCD、解像度は100~1,200dpi、スキャン速度は300dpiで3.6秒、保存形式はPDF、JPG、BMP、PNG、TIF。
 本体サイズは491×291×102mm、重量は約3.45kg。

 タイトルを見たときすごいと思いました。A4の本をこのスキャナにセットすれば全自動で読み取ってくれるのかと思ったからです。良くみるとページは1枚づつ人間がめくって操作しなければならないようです。でも綴じしろの影が映らないというのは凄いと思います。ばらさなくて済みますので。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

普通のスキャナーだと本を開いてスキャナー台にのせてギュッと上から抑えて2ページ付でコピーしますが、曲線になって歪んでしまいます。
この機械だと1ページずつきれいにコピーできるのでしょうが、7万5千円ということは個人で買うよりは図書館とか研究機関等の需要を想定しているのでしょう。
研究者にとっては朗報かもしれませんがきれいなコピーが楽にできるので著作権侵害が増えないといいですが・・・。
2023.01.23 09:21 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

昔、初めてiPadを買ったときに持っている本をすべてスキャン
して電子ブックにしようと思ったことがあります。
本が嫌いでマニュアル本など少ししか持っていなかったので
可能だと思ったからです。でも結局やめました。
理由はバラす手間が大変だからです。
この機械はいいなと思ったら全自動ではないみたいで
ガッカリです。

愛新覚羅
2023.01.23 09:58 | URL | aishinkakura #- [edit]
確かに、需要はありそうですね。スキャンは、、、さすがに自宅ではしませんけどね。
2023.01.24 19:25 | URL | TORU #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

著作権にかからなければ電子ブックの発行ができそうですね。
でも間違いなくひっかかるでしょうけど。

愛新覚羅
2023.01.24 20:10 | URL | お名前 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3865-b155dbf5