がん診断数 コロナ前の水準戻す

Posted by Two-Pen on 09.2023 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
ガン健診数 2021年にがんと診断された人は、新型コロナウイルス流行前の18、19年の平均と比べ1%増えた、と国立がん研究センターが発表しました。20年は新型コロナによる受診控えなどで4%減でしたが、コロナ前の水準に戻った格好です。

 がんは日本人の2人に1人がなり、高齢化の影響などで年々増えているとされています。21年はコロナ前と同程度の水準に戻りましたが、受診控えなどの影響は依然残っているとみられ、同センターがん対策研究所の若尾文彦・事業統括は「検診や受診は、不要不急の行為ではない。通常どおり受けて欲しい」と呼びかけています。

 調査では、重複を除いた解析を実施。診断された月別でみると、20年4~5月の最初の緊急事態宣言中は最も患者数が減りましたが、21年1~3月の緊急事態宣言中は患者数がコロナ前と変わらず、それ以降は新型コロナ患者が増えても、がんと診断される患者数はコロナ前とあまり変わらなかったとのことです。

 部位別にみると、胃がんと喉頭がんの21年の患者数はコロナ前から5%以上減ったままでした。一方、乳がんや膵臓がん、子宮頸がんなどの患者数は5%以上増えています。

 やはり新型コロナが影響していたのですね。新型コロナも怖いですが、がんはそれ以上です。昔なら死に直結していました。最近では発見が早ければ助かることも出来ます。やはり健診はすべきでしょうね。
元記事:ヤフーニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

検診は大事だと思いますが、人によっては、人間ドックや健康診断嫌いな人もいます。人それぞれですが、、、女性の場合特に、乳がん検診は受けたほうがいいと思うんだけどなあ。
2023.01.09 18:19 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

そのとおりですね。検診は極力受けるべきだと思います。
ところが若い頃は身体に自身があったのでなるべく避けて
いました。今考えると大馬鹿者でしたね。
検診の日にわざわざ海外出張を組んでいたりしていました。

愛新覚羅
2023.01.09 18:35 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3866-785877d2