Too Young(Nat King Cole)

Posted by Two-Pen on 02.2023 ギター関係 14 comments 0 trackback


 2023年の幕開けはナット・キングコールのあまりにも有名な曲でツウヤングです。小説家のシルヴィア・ディーが歌詞を手掛けた「Too Young」は、100万枚以上を売り上げ5週に亘り1位を記録しています。そしてビルボード社は同曲を1951年のトップ・ソングと呼んでいます。コールも「Too Young」を自身のレコーディングした中でもお気に入りの曲としているようでした。
 もっとジャズっぽく弾かなければいけないと思うのですがジャズの素養がありませんのでご勘弁を。YouTubeにアップされていたカラオケの動画をバッキングとして使わせていただいています。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

タイトルが気に入りました。
気持はいつも若くこの曲のようなふわっとした気分でいたいです。
愛新覚羅さんのギター演奏もいい感じ、新しい年にふさわしいです。
2023.01.02 06:40 | URL | ReikoJanvier #P87isURU [edit]
あけましておめでとう御座います。

日本語では若すぎるという意味ですね。
恋愛をするには若すぎるということでしょう。
私などはToo Oldですが(笑)
今年もよろしくお願い致します。

愛新覚羅
2023.01.02 06:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
若すぎるなんて、いつのことだったでしょう。十代、二十代、そんなところですね。
私も「トゥ オールド」です。
こんなんですが、今年もよろしくお願いします。
2023.01.02 10:24 | URL | ひねくれくうみん #- [edit]
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
あまりにも有名な曲とのことですが、知りませんでした。良い曲ですね。教授にはいつも沢山教えて頂き感謝しています。毎月の演奏に尊敬もしています。今年も楽しみにしています。私も頑張ります。
2023.01.02 10:42 | URL | きたあかり #- [edit]
あけましておめでとうございます。

そうですよね。Too Youngなんていつ言われたか。
もう半世紀以上遠い昔のことです。

今年もよろしくお願いしますね。

愛新覚羅
2023.01.02 13:46 | URL | お名前 #- [edit]
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

この曲を知りませんでしたか、失礼致しました。
アメリカン・ポップスやジャズファンでなかったら
知らないかもしれません。
自分本位で考えてしまいました。私の悪いクセです。

愛新覚羅
2023.01.02 13:49 | URL | お名前 #- [edit]
教授、こんにちはv-222

今年も12曲、よろしくお願いいたします(^^)/
(クリスマスもあるかな?)

ナット・キング・コールは自分はよく知りませんが
有名な曲が多いですね。

若くして亡くなってますが、ヘビースモーカー
だったみたいなので、教授も共感するところが
あるのでしょうか。。。(>_<)
2023.01.02 20:37 | URL | み~むし #- [edit]
愛新覚羅様

こんにちは。新年コンサート拝聴しました。

懐かしい曲のリマインダーに思ったことですが、この感じの曲は愛新覚羅様の声に合っていると思います。ボーカル付けたらよかったのではないかと思います。

来月のテーマは何でしょうね〜今から楽しみです!笑
2023.01.02 21:24 | URL | モンペリエっ子 #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

最近ネットにあがっているバッキングが少ないので困っています。
1年続けられるかどうかですが、カラオケ動画のボーカル部分に
ギターでメロディーを入れることぐらいはできるのでやっていこう
と思っています。
キングコールはもともとジャズ・ピアニストなのですがボーカル
としての方が有名ですね。

愛新覚羅
2023.01.02 21:24 | URL | お名前 #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

ボーカルですね。ランブリング・ローズのときは入れましたね。
Too Youngは節回しに難しい箇所があったので敬遠してしまいました。
逃げてはいけませんね。

愛新覚羅
2023.01.02 21:27 | URL | お名前 #JyN/eAqk [edit]
 懐かしいですね。
 キングコールと言えば、この曲と「煙は目にしみる」を真っ先に思い出します。

 教授のギターの音色はなんだかもの哀しくて、優しくて、チャップリンの「街の灯」のようなペーソスを感じます。自分の若かりし頃をぼんやりと思い出します。
 
 その頃は歌詞の意味もよく分からず歌っていましたが、「僕たちは少しも若すぎはしなかった」―――いつも人生は若すぎるということも、また、年すぎるということもないのでしょう。
2023.01.03 07:07 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

アメリカンスタンダード曲がお好きなバーソ様ならコメント
下さると思っていました。
キングコールはモナリザなども名曲ですよね。
50年代のアメリカの曲は粋を感じます。
音色を評価して下さりありがとう御座います。ギターが
ジャズギターで良く使われる空洞ボディーなので甘い音を
出すことが出来るのです。テクニックのなさをカバーです。

愛新覚羅
2023.01.03 09:22 | URL | aishinkakura #- [edit]
Too Youngって?と思いましたが、聴いてみたら知ってる曲でした。

父が「世界の名曲大全集」みたいなレコードやカセットテープを聴いていたので、それに入っていたのかな?
父は私が高校生の時に他界したので、いなくて寂しいと思うことはいまはもうありませんが、懐かしい気持ちになりましたー(^-^)
2023.01.04 06:17 | URL | 海月 #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

お父様が洋楽ファンでいらしたのですね。
その年代の洋楽ファンなら昔のスタンダード曲を
聴いていらしたのでしょう。
モダンなお父様でしたね。
私の父親なんか村田英雄を聴いていましたよ(笑)

愛新覚羅
2023.01.04 07:00 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3872-8772ec79