おめでとう御座います。サー・ブライアン・メイ

Posted by Two-Pen on 17.2023 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
バッキンガムのブライアン イギリス政府は12月31日、2023年の新年の叙勲リストを発表しました。ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさんに「ナイト」の称号が与えられました。イギリスのウクライナ大使やロシア大使、女子サッカーのイングランド代表選手も叙勲の対象になっています。
 また、ファッションデザイナーのデイム・マリー・クワントがコンパニオンズ・オブ・オーナー勲章を受けたほか、今年の女子サッカー欧州選手権(ユーロ)で優勝したイングランド代表選手らも受勲しています。
 ロシアのウクライナ侵略に際して、現地で外交に取り組むイギリスのウクライナ大使とロシア大使は、それぞれ「デイム」の称号を授けられました。2023年の新年の叙勲は、チャールズ国王による初めての叙勲となります。

 サー・ブライアンは、今回、音楽と慈善活動への貢献を認められ、ナイトとなりました。2005年にはすでにコマンダー(CBE、司令官)の称号を得ています。天体物理学者でもあるサー・ブライアンは、50年以上にわたり音楽活動を続けてきました。
 今年6月に行われた故エリザベス女王の即位70周年のプラチナ・ジュビリーでは、クイーンとして記念コンサートに出演。2002年の即位50周年のゴールデン・ジュビリーでは、バッキンガム宮殿の屋根に上って国歌「神よ女王を救いたまえ(God save the Queen)」を演奏し、注目を浴びた実績もありました。

 ロックミュジシャンとしてサーの称号を得た人は結構沢山いるみたいですがナイトとなるとエルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、ボノと、ロックかどうかは微妙だけれど、ポピュラー音楽界からはクリフ・リチャード、トム・ジョーンズにも授与されていて、合わせて6人だそうです。ジョン・レノンは辞退したそうです。
元記事:BBC






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ブライアン・メイ、おめでとうございます。サーになったのですね!クリフ・リチャードなんかすごく懐かしいです。ジョン・レノンは辞退したのですね。らしいですね。
2023.01.17 10:33 | URL | 薫子 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとうございます。

ブライアンは気品がありますからナイトの称号が似合う
と思います。バッキンガム宮殿の屋根で国歌を演奏した
のが決め手だったのでしょう。あの演奏は素晴らしかった
と思います。

愛新覚羅
2023.01.17 10:39 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3888-38a61286