神社の写真

Posted by Two-Pen on 05.2023 写真関係 12 comments 0 trackback
 初詣のような格好をして神社の写真を撮ってきました。家内が亡くなってから神も仏もあるものかと12年間行っていないのです。ところが今年は母親がどうしても連れて行けというので元旦に弟の別荘があるところにある小さな神社に行ってきました。
 今回はこれとは違って単に先日購入したレンズを使って写真を撮ってきただけです。4日の朝千葉県野田市(隣市)にある櫻木神社というところに行ってきたのですが地元では一番メジャーな初詣スポットですので三が日を過ぎていてもそれなりに人はいました。

鳥居01



鳥居です。地元ではメジャーなだけにそれなりに大きいです。









うさぎの絵



入り口から入ったところに干支のウサちゃんの絵がありました。









本堂02



 本殿です。歴史がある神社のようです。









神木01



 ご神木から光が差し込んでいました。













櫻木神社(ウィキペディアより)
社記によれば平安朝の851年(仁寿元年)に、大化の改新で活躍した藤原鎌足の子孫で藤原冬嗣の三男である藤原嗣良によって創建されたという。嗣良がこの地に居を移した際、サクラの美しい大木のもとに倉稲魂命(ウカノミタマ)・武甕槌命(タケミカヅチ)の神を祀ったのが始まりであると伝えられ、現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くには「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、サクラが咲き誇る美しい里であったと考えられている。また、サクラの「サ」は早苗・早乙女・皐月などの「サ」と同じく稲に関係し田の神様である稲霊、「クラ」はその稲霊が鎮まる場所を表しており、山から田の神が依代となるサクラの木に降り豊作・幸福をもたらすとされている。










ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

神社というのは厳かな気持ちになるところが多いですね。
「何事のおわしますは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」と
西行が詠んだとおりです。
日本人はそういうものに心打たれる感性を持っているのでしょう。
寺院や教会堂など立派な造りの宗教建築は多いですが、
神社の荘重感にはちょっと敵わないような気がします。
だから正月に参拝したくなるのも無理はありません。

ちょっと惜しいなあと思うのは写真のサイズです。
北斎の「神奈川沖浪裏」を美術館で見たとき、
想像より小さかったので軽いショックを受けました。
あんな名画でも、小さいと迫力がないのです。
なので、余計なことを言うようですが、写真はできるだけ大きく、
左右いっぱいの幅まで拡大したらどうでしょう。
ぐっと迫力が増すと思いますが。
2023.01.05 07:42 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
車や人々の様子から初詣の賑わいが伝わってきますね。
私の住む街にも神社やお寺がたくさんあるので、行ってみたくなりました。

「中華レンズ」デビューですね。
私も先日「お写んぽ」写真をアップしましたが、
APS-Cで55mmは自分の思ったよりはるかに大きく写ってしまうので苦労しました。
教授が35mmを選ばれたことに改めて納得しました。
私は、フルサイズで35mmのレンズの画角に一番慣れているので、
次に買うなら、広角(28mmぐらい?)のオールドレンズにしようかな、と思っています。


・・・こうしてレンズ沼にまた1歩ハマっていくのですね。・・・本年もよろしくお願いいたします・・・たけ
2023.01.05 09:00 | URL | たけ #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

本当ですね。神も仏もあるものかとと思ってはいますが
やはりおごそかな気分にはなりました。
これで今年いいことがあったら来年からまた初詣を再開
したいと思います。
写真のサイズは重くなってはいけないと小さくして
いるのですがクリックしたら少し大きくなります。
でもサムネイルを横幅いっぱいにしてクリックでもっと
大きくという意味でしょうね。やってみます。

愛新覚羅
2023.01.05 09:36 | URL | aishinkakura #JyN/eAqk [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

APS-Cで35mmは正解だったようです。テーブルの上のものを
写すときに離れなくても撮影できます。
こんどは人物を撮ってみたいのですがモデルさんがいなくて
困ります。勝手に街に出て撮ったら怒られるでしょうし。

愛新覚羅
2023.01.05 09:40 | URL | aishinkakura #- [edit]
初詣に行って来られたのですね。薫子家の近くにも有名な神社があるのですが、大抵年1くらいで行ってますね。薫子はなんちゃってクリスチャンなのでお祈りはしませんがね。レンズのことは分かりませんが、カメラこれからも頑張って下さい。楽しみにしています。
2023.01.05 10:54 | URL | 薫子 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

はい。12年ぶりに初詣に行きましたが写真に写っているところ
ではありません。写真のところはただ撮影に行っただけで
拝んでもいません。罰当たりです。(笑)
写真は工夫して上手に写せるようになりたいです。

愛新覚羅
2023.01.05 13:07 | URL | お名前 #- [edit]
 兄者、こんにちは。

 うちの別荘のことを取り上げてくれてありがとうございます。
 ただ『弟の別荘』よりも『弟夫婦の別荘』にしていただければありがたいです。
 今年のお正月、一番骨を折ってくれたのも私の妻の小パンダだし、兄者が御節をのせたテーブルを作ったのも妻の小パンダです。

 そんなことを考えていただければ、参拝の御利益も上がると思いますよ。
2023.01.05 14:03 | URL | 大パンダ #nI1DtWXs [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

おっしゃるとおりですね。弟夫妻の方が良かったですね。
反省します。

愛新覚羅
2023.01.05 14:36 | URL | お名前 #- [edit]
親孝行なさいましたね。

お母様喜ばれたことでしょう。

私は写真を撮ることを増やして行けるとイイですね。
奥様もきっと喜んでありますヨ!


2023.01.05 19:46 | URL | パープル #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

自分の不注意で転んで骨折していることまで初詣に行かなかった
ことのせいにしていますので従わないわけにはいきませんでした(笑)
まあ、お陰で外出の機会を得ましたが。

愛新覚羅
2023.01.05 19:52 | URL | お名前 #- [edit]
愛新覚羅様

もちろんお気づきでしょうが、
「私は」は「今年は」のミスです。

ごめんなさい。

2023.01.06 09:33 | URL | パープル #- [edit]
おはよう御座います。

わざわざ律儀に結構ですよ(笑)

愛新覚羅
2023.01.06 10:07 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3892-6fc43416