母親の執念のシクラメン

Posted by Two-Pen on 08.2023 写真関係 8 comments 0 trackback
 母親がシクラメンが咲いたと喜んでいました。なんでも5年間咲かなかったそうで、それでもたまに水を与えていたそうです。それが年末に1本咲いて1月6日には5本咲きました。シクラメンは布施明の歌でしか知りませんので真綿色をしているのかと思ったら色々あるみたいですね。写真の格好のモデルになるので先日購入した中華35mmレンズで撮影してみました。上は露出レベルを1段あげたもので下は標準のレベルです。葉の部分は上の方がいいし、花の部分は下の方がきれいではないかと思いますが良くわかりません。

シクラメン01


シクラメン02

 両方ともISO 200でF値は開放の2.0です。






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ピンクのシクラメン、6年目の開花ですか、それは嬉しいですね、手入れのたまものですね。
シクラメンは葉の数だけ花が咲くと言われていますからこれからまだたくさん咲くことでしょう。
花色は下の写真のほうが色合いがよくわかります、バックのぼかしは流石に一眼の本領ですね。
2023.01.08 06:14 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

そうなのですか。葉の数だけ開花するとなれば嬉しいです。
写真のモデルがなくて困っていますので。
ボケがあると写真が上手くなったような気がします。
気がするだけですが(笑)

愛新覚羅
2023.01.08 07:09 | URL | aishinkakura #- [edit]
 中華製のレンズを買ったのですね。35mmでF2とは近ごろ珍しく明るいレンズです。
 中華製は安いのですが、このレンズはオートフォーカスがきくのでしょうか。

 このシクラメンのピンクは可憐でなかなかいいですね。
 それにしても5年間もよく辛抱して水やりをしましたね。その根気に感心します。

 真綿色したシクラメンは元々なかったが、 「シクラメンのかほり」の歌詞で有名になったので作られたようですよ。
2023.01.08 08:09 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
お母様の執念が実りましたね。可憐ですね。しかし、5年間もよく育てられましたね。見事です。
2023.01.08 09:35 | URL | 薫子 #- [edit]
こんにちは。コメントありがとうございます。

レンズのことは12月25日の記事にしています。
オートフォーカスは効きますよ。
真綿色のシクラメンはないのですか。すっかり
騙されていました。(笑)

愛新覚羅
2023.01.08 09:58 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとうございます。

執着性のある性格が良くでていると思います。
普通は何の変化もないものに5年も水やりを
することはないと思います。
花自体は可憐ですね。長持ちするといいのですが。

愛新覚羅
2023.01.08 10:01 | URL | aishinkakura #- [edit]
素敵な写真をありがとうございます。
上がいいか、下がいいか。難しいところですね。
教授はどちらがお好みですか?

私の好みになってしまいますが、私は上の写真の方がいいなと思います。
「淡い」感じの表現って好きなんです。
でも、下の写真の花の部分、
彩度が高くくっきりとしているぶん?背景から浮き立って見えるのもいいですね。
お母様の「執念」のシクラメン。そういう意味では下の濃い方?

あー、いや、やっぱ下の方が好き!
いやいや、うーん・・・。


・・・薄紅色のシクラメンほど眩しいものはない〜♪・・・たけ
2023.01.08 10:18 | URL | たけ #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

どちらがいいかなんて難しいですよね。
人によって好みが違うし、同じ人でも気分によって好みが
変わってきますから。しかし肝心な部分のピントと全体の
構図だけは悪いとすぐに駄目だと分かりますね。

愛新覚羅
2023.01.08 13:34 | URL | お名前 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3894-9a3bd3f4