3大ギタリストの一角が崩れた(ジェフ・ベック)

Posted by Two-Pen on 13.2023 独り言(意見) 4 comments 0 trackback


 グラミー賞を8度受賞するなど、世界的なギタリストとして知られるジェフ・ベックさんが亡くなりました。78歳でした。ジェフ・ベックさんは1944年にイギリスで生まれ、1965年にエリック・クラプトンさんが脱退したロックバンド、ヤードバーズに参加し、頭角を現しました。
 ベックさんの演奏は、アメリカの伝説的なギタリスト、ジミ・ヘンドリックスさんにも影響を与えたとされ、スティービー・ワンダーさんやミック・ジャガーさんなど多くの著名アーティストと共演し、グラミー賞を8度、受賞しています。

 そして3大ロック・ギタリストとしてあまりにも有名です。エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、そしてジェフ・ベックです。他の二人はボーカルをやったり、プロデューサーをやったりしていますが、ジェフ・ベックはギター一筋です。
 いつもTシャツで若々しくステージに立つ姿が格好良かったです。私もコピーまではいけませんが三人の真似をして演奏してきました。二人はなんとかやってみましたがジェフ・ベックだけは感覚が難しく出来ていません。いつか演奏してみたいと思っています。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ギターはボーカルよりも地味と言えば地味ですが、それでも実力があれば主役を張ることができますね。
ジェフ・ベックさん、大変な実力をお持ちだったんでしょう。私が名前を知っているくらいだから。
2023.01.12 21:15 | URL | ひねくれくうみん #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

彼のプレイは全く他のギタリストとは違って独自です。
グループを作っても長くは持続させず、次々と新しい道
を開拓してきました。
なんといってもエレキギターをピックを使わずに指で
弾くスタイルが恰好いいのです。

愛新覚羅
2023.01.13 07:01 | URL | aishinkakura #- [edit]
兄者、こんばんわ。

本当に驚きです。信じられない気持ちで、まだ悲しみも湧かないほどです。

兄者は、生ベック氏も、生クラプトン氏も、コンサートで聴き、ご覧になっていると思います。私もジョイント・コンサートで聴き、見たことがありますが、あまりに対照的なお二人でした。年齢の積み重ねが魅力であったクラプトン氏、若い頃と印象を変えていないベック氏。今回のタイトルを『永遠の・・・』というものにさせていただきましたが、「・・・」には様々なものを入れることができると思います。

何を書いて良いかわからないほどですが、ベックさんのご冥福をお祈りいたします。
2023.01.14 00:07 | URL | 大パンダ #nI1DtWXs [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

落胆が大きいようですね。クラプトン同様にロックの歴史
を背負っている人ですから単にギタリストというだけで
はありません。失ったものは大きいです。
ご冥福をお祈りするしかないですね。

愛新覚羅
2023.01.14 07:10 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3900-67700685