シクラメンのその後

Posted by Two-Pen on 18.2023 写真関係 12 comments 0 trackback
シクラメン2023_1月2

 1月8日に母親の執念のシクラメンとして写真をアップしましたが、その時はまだ花は5輪でした。現在は8輪になって更に見えていませんがツボミが3つほどあります。一番先に咲いた花も感心にまだ散らずにいてくれています。



仏花2023_1月

 シクラメンだけでは寂しいので仏壇に供えてあった花も映してみました。赤い花が何だかわかりませんが咲いたらにぎやかになると思います。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

シクラメン、賑やかになりましたね!まだ蕾があるのですね。楽しみですね!お仏壇の花も赤い花が咲いたら賑やかになるでしょうね。お花はいいですね。
2023.01.18 09:35 | URL | 薫子 #- [edit]
5年も咲かなかったシクラメンが、ついに開花したのですね。執念であり、愛情でもあります。うちのシクラメンはワインレッドですが、こんなピンク色もかわいいですね。
仏壇の花、赤いのは菊とスプレーカーネーションです。根本が緑っぽくて、先の方がピンクのは、「ヒペリカム」の実です。
2023.01.18 09:40 | URL | ひねくれくうみん #- [edit]
こんにちは。コメントありがとうございます。

写真を撮りたいのですが何を撮っていいものやら
わからずに花なら問題ないと思って撮っています。
どうせ撮るのであれば綺麗な方がいいですよね。

愛新覚羅
2023.01.18 10:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。コメントありがとうございます。

良く花の名前をご存知ですね。
私はひまわりとチューリップ、桜に梅、そしてバラ
と百合くらいしかわかりません。
あっ!あと菊です。お墓や仏壇には一番使います。

愛新覚羅
2023.01.18 10:24 | URL | aishinkakura #- [edit]
花の写真は、心がほっと穏やかになりますね。綺麗!
シクラメンは、可憐。仏壇のお花は華やかですね(^_^)
2023.01.18 17:19 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

どこか花がたくさんあるところに行きたいのですがなかなか
かないません。家の中でちまちま撮るしかないのが残念です。
確かにピンクというのは可憐でいいですね。

愛新覚羅
2023.01.18 18:22 | URL | aishinkakura #- [edit]
生活の中に花があるっていいですね。
我が家は、玄関近くのスペースに妻が毎年パンジーなどを植えますが、
今年は忙しくて出来ません。
シクラメンの白とピンク、可愛くて上品ですね。
これからもっと花がたくさん咲くのでしょうか。
きれいに咲いたら、またブログで知らせてくださいね。


・・・お仏壇のお花も色とりどりできれいですね。・・・たけ
2023.01.18 22:16 | URL | たけ #- [edit]
たけ様
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

シクラメンの花のグラデューションが綺麗だと思っています。
写真を撮ってみるまでそれに気づきませんでした。
思わぬ写真の効果です。
この写真はISOを800にしてF値2.5で撮っています。
数値を変えるとどんな感じになるのか勉強中です。

愛新覚羅
2023.01.19 07:08 | URL | aishinkakura #- [edit]
シクラメン、順調に咲き続けていますね、優しい色合いですね。
咲いている花にピントがピタリ合っていてさすがですね。
葉の数だけつぼみがでてくるのでありのままに咲かせるのもいいですし、
伸びだした花茎を葉と組み替えて寄せると株の中心に花をまとめることもできます。
2023.01.19 07:30 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

肥料もやっていないのに不思議と元気に咲いてきています。
アドバイスありがとう御座います。
横に広がってしまってだらしがないので寄せてみようと
思います。

愛新覚羅
2023.01.19 07:33 | URL | aishinkakura #- [edit]
わずかの期間で3輪も増えたとは、花の生命力はたいしたものですね。
植物にいい音楽を聴かせるとよく育つといわれますから、
シクラメンは教授の気持ちを感じて元気になっているのでしょう。

オー・ヘンリーの短編小説「最後の一葉」を思い出しました。
古びたアパートに住む病気の画家が、外のレンガ壁に這うツタの葉が
すべて落ちたら自分も死ぬと思い込んでいましたが、
ある晩、激しい風雨が吹き荒れても、最後の一枚が残っていたので、
生きる気力を取り戻します。
しかし、その一枚の葉は、階下に住む老画家が描いたもので、
その画家は冷たい風雨に打たれて描いたために肺炎で亡くなります。

拡大画面でみると、後ろ側の花弁が微妙にボケて、可憐で、
シクラメンを「かほり」さんと名づけたくなりました。(笑)
2023.01.19 07:44 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとうございます。

ネタ不足で近くにあった花を写した記事でしたのに
たくさんコメントを頂いてびっくりしています。
やはりコメントしやすい記事としにくい記事があるので
しょうね。
バーソ様のご指摘もあってなるべく写真は大きく掲載
するようにしました。

愛新覚羅
2023.01.19 07:49 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3905-87091181