気球に対する日本の対応

Posted by Two-Pen on 20.2023 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
偵察気球ail 米連邦捜査局(FBI)は2月9日、米国が大西洋沖で撃墜した中国の偵察気球とみられる物体について、現場から回収された部品を処理する写真を公開しました。回収された部品は現在、バージニア州クアンティコにあるFBIの施設で処理が進められています。

 米国務省の当局者によると、バイデン政権は先ごろ米国を横断したこの気球について、米国の通信を監視できる電子偵察技術を備えていたと断定しました。この気球は「信号情報の収集が可能」とされ、「5大陸の40カ国超」の上空を飛行していた気球群の一部だといいます。

 この気球は謎が多いですね。私は中国製というのに懐疑的です。簡単に発見されるのがわかっていて飛ばすことはしないと思うからです。それともわざと発見されるようにしたのでしょうか?それなら中国製ということもうなずけます。
 いずれにしましても日本の対応が笑えます。今まで日本にも飛来していたのに大した問題にもせず、アメリカが騒いだらとたんに日本にきたら日本も撃ち落とすとか検討するとか言い出しました。単独では何も出来ない国のようです。

 北朝鮮のミサイルに対しても「けしからんとか許せないとか抗議する」とかブツブツ言うだけの国ですから何も行動できないのでしょう。北朝鮮はミサイルをどんどん発射する。対して日本は満足にロケットも発射できない。ああ情けない。
元記事:CNN




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

本当に情けないです。
日本は気球への対応も出来ないのですから、
ミサイルへの対応はもっと出来ないのでしょう。
自衛隊は大変優秀だそうですが、政府が弱腰なので、
その強さを発揮できそうもありません。
今後、もし危ない飛行物体が日本上空に来た場合、
米軍基地の上に来た場合は撃ち落とすそうですが、
その際、日本政府はそれを止める権限がないので、
中国が制裁してきたら右往左往すると言われています。
どうしてこんなに弱い国になったのか。
戦争反対、話し合いで解決、軍靴の音が聞こえる・・・と
メディアや知識人から叩かれるからじゃないでしょうか。
2023.02.20 07:40 | URL | ☆バーソ☆ #IGPPA7yY [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

情けないですよね。アメリカの傘がないとなにもできない国
になってしまったようです。
アメリカは最強といっても一時に比べ弱体化してきていると思います。
弱体化が進めば日本は本当に何もできなくなってしまいます。
かといって強くなってきている中国につくわけにもいかない
でしょうし。自国が強くなるしかないでしょうね。
喧嘩が弱くても口喧嘩だけは強くなってほしいです。

愛新覚羅
2023.02.20 08:20 | URL | aishinkakura #- [edit]
おっしゃるとおりで情けないです。
ミサイルにも謎の気球にも、どうもしないというかなんというか。
今後、日本を変えて行くにはどうしたらいいんでしょうか?
こうなっちゃった原因はどこにあるんでしょうか?

アタシ、戦後の教育レベルの低さが大きいと思うのですが、どうでしょう。
2023.02.20 11:31 | URL | きたあかり #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

60年安保、70年安保と日本でも学生が政治に問題意識を
持っていたころがあります。ところがその言い分を聞かずに
当時の政府は弾圧を繰り返してきました。
その結果あとが続かず無気力さだけが残ってしまったように
感じます。無気力な国民のなかから無気力な政治家が出てきて
ことなかれ主義で国会に行く。すべて無気力サイクルになって
いるような感じです。

愛新覚羅
2023.02.20 13:00 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3937-624a1c91