“交通違反を取り締まりしがち”な場所はどこ?

Posted by Two-Pen on 09.2023 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
ネズミ捕り004 警察官はどのようなポイントを重視して交通取り締まりをするのでしょうか。一時停止や横断歩道などで取り締まりがおこなわれがちです。
 そもそも警察が交通取り締まりをおこなうのは交通事故を防止するためであり、事故に直結しやすい交通違反や場所に重点をおいています。まずそのひとつとして、「一時不停止違反」の取り締まりが挙げられます。
 一時停止の道路標識は、基本的に左右の見通しが悪い交差点に設置されることが多く、クルマが一時停止をしなければ別のクルマと出合い頭に衝突してしまう可能性があるため、警察による取り締まりが多くおこなわれています。

 法律上、一時停止は何秒間止まらなければいけないという明確な決まりはありませんが、クルマの車輪が完全に停止することと解釈されます。ドライバーは停止線の手前でしっかり止まった後、左右の安全確認をしながらゆっくりと進むという意識を持つことが大切です。

 また、警察は横断歩道付近での取り締まりにも力を入れています。警察庁が2023年3月に公表した「令和4年における交通事故の発生状況について」という統計資料によると、2022年に歩行中に交通事故に遭って亡くなった人のうち、65歳以上の約3割、65歳未満の約2割が横断歩道を渡っている途中に事故に遭っていることが明らかになっています。

 歩行者が優先されるはずの横断歩道ですが、クルマのドライバーが信号機のない横断歩道を渡っていた歩行者を見落としたり、クルマが右左折する際に横断歩道上の歩行者に気づかず接触してしまうケースなどがあるのです。

 警察ではこのような状況を踏まえ、信号機の設置されていない横断歩道を中心に「横断歩行者等妨害等違反」の取り締まりをしています。

 くるまのニュースには上記のように出ていましたが、私は違っていました。生涯55年運転してきていますが捕まったのは3回です。2回はスピード違反ですが2回とも30km制限の道でした。交通事故が起きそうな場所ではありません。1回は一時停止違反です。自分ではしっかり停めたと思っています。それでも警察官が3人寄ってきて動いていたと言います。面倒なので認めてしまいました。私の体験上からいうと交通安全のためではなく点数かせぎのためにやっているとしか思えません、
元記事:くるまのニュース







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

うちの前は、T字路になっていて、しょっちゅう警察が、
一旦停止のネズミ捕りしています。

それこそ、しょっちゅう。
あら、今日も!状態です。

歩行者からしたら、安心ですが、ちょっと気の毒な位です。
2023.04.09 21:07 | URL | パープル #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

それは明らかに点数稼ぎでしょうね。
警察は事故をなくす目的で危険なところから取り締まって
もらいたいです。

愛新覚羅
2023.04.09 21:31 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3971-02d006d8