すぐれものの壁用フック

Posted by Two-Pen on 14.2023 お気に入り 6 comments 0 trackback
壁紙用 母親が4月10日から老人用住居に入居したことは以前ブログ記事にしました。その際色々な家具の調達から設置まで妹に手伝ってもらって行いました。サ高住の場合はアパートと一緒ですからカーテンさえ自前で用意しないとならないのです。まあその分好きなもので統一できるメリットもありますからいいのですが。
 入居から2、3日経ち掛け時計がないと不便だと気づきました。しかしアパートと一緒ですから壁に穴をあけたり出来ません。そこで困ったときのインターネットで検索です。そうすると100均でいいものがあることがわかりました。フックを接着剤で貼り付けるのです。はがすときに壁紙も一緒にはがれないかと心配になりますが、端の方からゆっくりはがすと綺麗にはがれるそうです。


壁紙接着剤 早速ダイソーに行って購入してきました。フックの数が1個、2個、4個のものがありそれぞれ2kg、1kg、500gまで耐えられるそうです。私が買いに行ったときは2個のものしかありませんでしたのでそれを購入しました。

 使い方は超簡単です。まず壁を綺麗にふき取ります。次に専用の接着剤をフックに塗り、壁に押し付けます。30秒くらい強く押し付けるそうです。そして1日置きます。そうするとピタッと吸い付いているようになっていました。引いてみましたがびくともしません。



IMG_0980.jpeg ネットには1年後にはがしてみたという動画もありましたが、綺麗にはがせるようです。接着剤にこの秘密があるようです。いずれにしましても110円でこんないいものがあるなんて知りませんでした。







IMG_0981.jpeg 


 時計をかけてみましたが安定しています。













ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

アパートなどではそういう商品はとても重宝しますね、製品化されているとは知りませんでした。
Apple社製の上に小さなトラックボールのあるマウスはよくゴミが詰まってボールが動かなくなるので
分解清掃後、はがせる接着剤で組み立てています、接着剤というよりは硬化しない粘着剤のようです。
同じような接着剤でしょうが、そちらは強度が明示されているとことが安心ですね。
そうした隙間商品を考える人を尊敬してしまいます。
2023.04.14 11:49 | URL | kaz #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

そうですね。多分同じようなものだと思います。
釘穴は尽きませんし痕は残りませんが、もし長期
入居となれば壁紙の日焼け痕は残るでしょうね。

愛新覚羅
2023.04.14 14:05 | URL | aishinkakura #- [edit]
なんと良いものでしょう!さっそく買いに行きたいと思います。
2キロ大丈夫なものまであるとは!

お母様のためにいろいろと工夫してさしあげ、教授は親孝行ですね。

姑の施設(有料老人ホーム)は、自分の個室は自由に使ってよく、ネットの光回線工事をしてもいいとまで言われましたが、ネットとは何か分からない彼女なので、工事しませんでした。している入居者もいるようでしたが。
将来、自分も入りたいです。
2023.04.14 17:35 | URL | きたあかり #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

自由に使って良くても原状復帰はしなくてはならないでしょうね。
そう思うとあまり手を加えられません。
超高齢者なのでポスターや絵画は不要のようです。

愛新覚羅
2023.04.14 18:19 | URL | aishinkakura #- [edit]
お母様入所なさいましたですね。

細やかに心配りなさって
お母様、お幸せですね。

まずは、夜、ゆっくりお休みください。

私も、夜中コトリと音がしても目が覚めていました。
高齢の親の在宅介護は、神経がいつも張っていますものね。


フック、良い物がありますね!
2023.04.14 23:49 | URL | パープル #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

今のところ母親は週に1回帰宅させています。
慣れてきたら帰宅頻度を下げていこうと思っています。
ちょうど昨夜帰宅していたのですが、もの音でやはり良く
眠れませんでした。

パープル様は室内装飾がお上手ですのですでにこのフック
はご存知だったかも知れませんね。

愛新覚羅
2023.04.15 06:54 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/3991-6c6c0542