食品添加物

Posted by Two-Pen on 05.2012 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
食品添加物 よく目の敵にされているものに食品添加物があります。ほとんどの人(特に主婦層)がいやがって、無添加の食品をありがたがっています。それはそれで間違いではないのですが異常に嫌う人もいます。はたして食品添加物はそれほど悪者なのでしょうか?もともと食品添加物は食品の安全確保のために国が安全性を確認の上、存在するものです。これがなければ今まで沢山の人が食中毒になって死者も出ていたと思います。保存性ではなく単に嗜好のためのもの(甘味料、着色料など)はいけないのか?糖尿病の人には甘味料はありがたいものですし、人工着色料は天然着色料と比較し添加量が1/100位で済みます。その辺のことも考えず、ただ食品添加物は発ガン性の疑いがあると思い込んでいる人が多すぎると思います。そのくせ副作用が1000倍以上もある薬をありがたがって服用しているのは愚の骨頂です。放射線は極端にいやがるけれどレントゲンは健康保持のため積極的に受けるというのと似ています。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/40-5271b119