セルフスタンドですぐに給油できないのは?

Posted by Two-Pen on 06.2023 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
セルフスタンドでの給油0 セルフ式のガソリンスタンドでは、ドライバー自らがノズルを給油口に差し込み、レバーを引いて給油します。その際、レバーを引いているのにしばらく給油が始まらないという経験をしたことはないでしょうか。
 セルフ式の給油機は普段はロックされていて、給油ノズルのレバーを引いてもガソリンは出ず、「乙種第4類危険物取扱者」(ガソリンの取り扱いが可能な資格)を所持するスタッフが、認証システム上で「給油許可」を出さないと給油ができない仕組みなのです。
 給油許可を出す際は、引火するものを持っていないか、ノズルがしっかりと差し込まれているかなど、スタッフが安全確認をおこなっています。そのため、ガソリンが出るまでにわずかながら時間がかかるのです。

 セルフ式のガソリンスタンドでもうひとつ気になる点は、給油前に必ず「静電気除去パッド」に触れるよう指示されることです。ほとんどの人はしっかりと触れてから給油しているでしょう。では、触れないと何が起こるのでしょうか。給油の際に静電気を除去しないと、ガソリンに引火する可能性があるといいます。
 「ガソリンに直接触れないから大丈夫」と思う人がいるかもしれませんが、ガソリンは気化しやく、気化したガソリンに引火する危険性もあるのです。
 例えば、給油キャップを緩めた際に「シューッ」と気体が抜ける音が聞こえることがありますが、このときにシューッと抜けているのは気化したガソリンの成分。実際、給油キャップを緩めた拍子に引火して火事になったという例も過去にあるそうです。

 セルフのガソリンスタンドを利用する際には「吹きこぼれ」にも気を付けましょう。吹きこぼれとは、ガソリンがタンクのなかからあふれたり、吹き出してしまうことです。あふれ出したガソリンに引火する可能性もありますし、ガソリンの付着が塗装面に悪影響を与えることも考えられます。

 そんな拭きこぼれの原因として挙げられるのが「給油ノズルを正しく差し込んでいない」ことです。そもそも、ガソリンタンクがいっぱいになると、自動的に給油は止まります。これは、給油ノズルの先端にあるセンサーで検知しているからです。しかし、ノズルが適切な形で差し込まれていないと、センサーが正しく検知できず、結果的にタンク容量以上のガソリンを給油してしまうことがあるそうです。

 理論上は上記の通りなのですが、安全チェックをどこで確認しているのかわかりません。給油ノズルを持ったときにスタンドのスタッフは誰も見ていないと思うのですが?






ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

まあ、建前と本音ということでしょうね。
ガラス張りの事務所から一応は見ているのか(結構距離あります)、または制御盤に給油するぞランプが点いたら機械的に許可ボタンを押しているのか、実情を見てみたいですね。
各ポンプそばに監視カメラがあったりしたら面白いです。
2023.07.06 20:44 | URL | kaz #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

給油するとき多分どこかで見ているのだろうと思って
いつもキョロキョロしているのですが誰も見ていないと
思います。数秒間をおいて自動で出しているのではないか
と勘ぐっています。

愛新覚羅
2023.07.06 21:21 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4059-255b5b0b