Wi-Fiの100倍高速、「Li-Fi」通信規格が登場。

Posted by Two-Pen on 14.2023 INTERNET 関係 0 comments 0 trackback
LiFi.jpg 米国電気電子学会(IEEE)は、光無線通信規格として「802.11bb」を正式リリースしました。本規格の推進派は、Wi-Fiの100倍も速くかつ安全だと主張しており、今回のリリースはデータ伝送技術標準の展開と普及を加速させるものだと歓迎しています。
 この802.11bbはLi-Fi(Light Fidelity)の一種であり、無線周波数(RF)の代わりに光スペクトルを使ってデータの送受信を行う技術です。そのメリットは、支持者によれば「Wi-Fiや5Gといった従来技術に比べ、より高速で信頼性の高い無線通信を、比類のないセキュリティで実現する」とのことです。今後は、既存のWi-Fiシステムとの相互接続が完全に実現することが期待されています。

 まだLi-Fiは初期段階に過ぎませんが、その世界的リーダーであるpureLiFiやSignifyは米陸海軍と大規模な契約を締結済みです。軍事用途で大きな注目を集めているのは、特定エリアのみ対象とでき、かつ一般的なRFツールによるハッキングを受ける危険性もないためです。

 すぐにLi-FiがWi-Fiや5Gに取って代わるわけではないと思います。電波は通信範囲が圧倒的に広く、しかも壁を通過することもでき、実用性の上で光通信よりも明確に優位に立っているからです。

 とはいえ、224GB/秒という高速性に加えて、「光が壁を透過できない」こともプラスとなり得ます。フラウンホーファー社は、「壁からの侵入を防ぎ、妨害や盗聴のリスクを減らし、センチメートル単位での屋内ナビゲーションを可能にすることで、セキュリティを強化できる」と主張しています。

 確かに超高速でセキュリティ的に優位なら将来的に期待できますね。壁を通過できないとなると子機を沢山用意しないとならないのでしょうか?それとも照明の方で可能にするのでしょうか?
元記事:gadget.phileweb.com



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4084-c1ffe94b