気温の測り方はこれでいいのか?

Posted by Two-Pen on 28.2023 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
百葉箱 毎日猛暑日でうんざりですね。やれ37℃とか39℃とか。しかし私は疑問に思っていることがあります。皆さんも小学校のときに習ったと思いますが気温の測定方法というのがあります。

 気温は、一般に百葉箱で測られます。温度計は、イタリアのガリレオによって作られました。現在の基準は、1743年にスウェーデンのリンネによって決められました。摂氏温度の基準は、水が凍る温度を0度C、水が1気圧で沸騰する温度を100度Cとして決められました。

 地上付近の気温は、地表面の影響を受けるので、地表に近すぎず、太陽が直接当たらず、照り返しもなく、風通しの良いところの地表から1.2m~1.5mの高さで、測定を行います。積雪地帯では、積雪の深さに応じて、温度計の高さを上げ、雪面から1.5mの高さで観測します。

 かなり高温が出にくい条件なのですよね。ですから街中で皆さんが歩いているときの気温はとっくに40℃を超えて45℃とかになっているはずです。天気予報で気温も発表していますが実際の街中の温度を合わせて発表すべきだと思います。





ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4095-de3102ac