人口 14年連続減少 初めて47都道府県全てで減る

Posted by Two-Pen on 12.2023 独り言(意見) 0 comments 0 trackback
人口減少 ことし1月1日現在の日本人の人口は1億2242万人余りで、去年よりおよそ80万人減り、14年連続で減少しました。減少数、減少率ともに、調査を始めた昭和43年以降最大となったほか、初めて47都道府県すべてで人口が減りました。

 ことし1月1日現在の住民基本台帳をもとに総務省がまとめた国内に住む日本人の人口は1億2242万3038人でした。これは、去年の同じ時期と比べて80万523人、率にして0.65%減り、14年連続の減少となりました。減少数、減少率ともに、調査を始めた昭和43年以降最大となり、人口減少に歯止めがかからない状況が続いています。
 また、去年1年間に生まれた人は77万1801人と調査を始めた昭和54年以降最も少なくなったのに対し、亡くなった人は156万5125人と最も多くなりました。この結果、亡くなった人が生まれた人を上回る「自然減」の数は79万3324人と15年連続で拡大し続けています。

都道府県別の人口では
▽東京都が最も多く1326万553人、
次いで、▽神奈川県の897万2702人、
▽大阪府の851万6503人などとなっています。

最も少ないのが
▽鳥取県の54万1587人、
次いで、▽島根県の64万9691人、
▽高知県の67万9769人などとなっています。

ことしは沖縄県が減少に転じ、初めて47都道府県すべてで人口が減りました。

 一方、国内に住む外国人の人口は、299万3839人と3年ぶりに増加しました。47都道府県すべてで増えていて、調査を始めた平成25年以降で最多となっています。
 最も多いのは東京都の58万1112人で、最も少ないのは秋田県で4512人となっています。

 日本人が減少を続けて外国人が増加し続けているおですね。そのうち人口の半分は外国人なんていうことになるかも知れませんね。現に群馬県の大泉や東京都の葛飾区の一部ではそんな地域があります。
元記事:NHKニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4096-3ec1132c