中国でサラダバー中止

Posted by aishinkakura on 01.2013 独り言(意見) 8 comments 0 trackback
サラダバー サラダをビュッフェスタイル(バイキング形式)で提供するサラダバーはファミリーレストランでよくあるサービスです。中国のピザハットでは、サラダバーを食べ放題にすると限界まで大量のサラダを食べられてしまうことから1回限りの制限を設けていましたが、それすらも赤字だとして数年前に廃止されたそうです。それだけ聞くと、「なぜ1回限りの盛り付けなのに赤字になるの?」という疑問が浮かぶのではないでしょうか。その理由は一目瞭然の写真をご覧ください。これは外壁を作って中に詰め込むスタイルとかで更に色々なテクニックがあるそうです。これでは1回でも赤字なのは良く解ります。日本のスーパーでも良くつめ放題という販売方法がありますがその比ではありませんね。他にオーダーしたメニューがあると思うのですが果たして食べきれるのでしょうか?
スポンサーサイト







ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

ルール内での方法を
知恵を最大限に駆使して考えるんでしょうね
アイデアとしては優れものでも
何かむなしいものがありますね。
2013.08.01 11:59 | URL | 植本多寿美 #- [edit]
日本人だったら食事制限している人が多いから余り赤字にならないかもしれません。息子の高校の懇親会は立食パーティー(日本語ではバイキング、英語ではsmorgasbord,又は buffet)ですが、終わり頃になってもサラダやメインの肉料理もたいていいつも残っています。
2013.08.01 12:02 | URL | ReikoJanvier #P87isURU [edit]
Tazumichi様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

大勢で行くとはしゃいでこういうことになるのでしょうね。
一人ではやらないと思います。もっとも一人でファミレスには
いかないかも知れませんが。

愛新覚羅
2013.08.01 13:51 | URL | aishinkakura #- [edit]
ReikoJanvier様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

食事制限もあるかも知れませんがその前に体裁が悪くて出来ませんね。
私は若い頃◯◯人前食べれば無料という企画には良く参加し無敗でした。
賞金を稼いだこともありました。でもそれはそういう企画なのでやった
のですがバイキングではやったことがありません。
昔の中国は食事が口に合わず唯一ホテルの朝食バイキングだけが
エネルギー源だったので一日分詰め込んだことはあります。

愛新覚羅
2013.08.01 14:02 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。
これじゃなんだか戦いのようですね。
おいしくいただけるんでしょうか。
食事はゆっくり楽しみたいですよね。

2013.08.01 14:44 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
おばちゃん様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

そうですね。戦争状態ですね。
多分野菜の継ぎ足しが来るとワアーと集まってくるのでしょうね。
食事に来ているのかお祭り騒ぎをしに来ているのか解りません。
でも怖いもの見たさで見てみたいです。

愛新覚羅
2013.08.01 14:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
愛新覚羅さん、おはようございます。
まず、ピザハットハットはそんなメニューを作ってとても失敗でした、自分のメニューを否定することがあったから、かなり反省していました、若い人達に負けました。実際にメニューの値段はサイゼリヤより3倍ぐらい高いです、それでも毎日長い列です。別に赤字になるわけないと思います。
以前上海でピザハットでよく食べに行きました。人気なメニューはピザとイタリアスップスップとスパゲティです。私はサラダバーでやりたかったですけど一回も上手くいけなかったです、なぜそういうことがあったでしょうか。まず、お客さんの年齢層によって10代、20代の人が多いです、そんな風に上手くいったら他の人は「すごい上手!素晴らしい」と言って、みんな拍手して食事の雰囲気が楽しくなります、また写真を撮って、友達に見せたい気持ちもあります。40代と50代の人はやっぱりやりたくないです。ただ上手にたくさん取れる人はあまり多くなかったです、二人の食事もほとんどやらないです、逆に撮りすぎと食べきれ無ければ、店員さんに怒られますので、無駄にしていけませんから、他のメイン料理も食べたいし。別に野菜たくさん食べたいからという訳ないです、ただ若い人達の勝ち気であることだけです。

中国のレストランにはお客さんが店員さんと店長さんに怒られる、叱られることがとても当たり前の事です、無理に良いサービスを提供しなくてもいいです、正しいことをしっかり言えば、お客さんも賛成です、お店の人気さも変わらないです、サービス業のスタッフさんの仕事を尊重していますから、疲れているから無理に良い笑顔しなくてもいいです、料理が美味しければお客さん達はあまり気にしないと思います、悪ければ怒られても平気です。以前ママと一緒にピザハットの玄関で長い列に並んでいる時、店員さんに「待つ時間が長いな」と聞いたら、その店員さんは「我が店の商売がとても良いから、仕方が無いですよ」と答えました、並んでいるお客さんみんな笑いました。お金を払うだけで良いサービスをもらうはずではないです、お客さんが優しいから、その仕事を尊重して挙げて、良いサービスをしてくれます。
2013.08.02 09:48 | URL | お名前 #JyN/eAqk [edit]
パンダ365様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

この記事は興味本意で面白おかしく書いてあるのを拾ってきただけなので
中国人の方をバカにしている訳ではありませんのでご了承下さい。
元記事はもっと凄い写真が沢山あったのですがひど過ぎるのでカットしま
した。
日本でも若者は雰囲気を盛り上げるためにこのような事はやるでしょう。
お店は嫌だったら最初からやらなければいいだけの話です。
それで人気を呼んでおいて途中で止めてしまうのは店としての信念が
ありません。

愛新覚羅
2013.08.02 11:20 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/414-b905ce6e