ヘビ肉入りピザ

Posted by Two-Pen on 27.2023 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
Snake-soup pizza 米大手チェーンのピザハットが香港の老舗料理店と組み、ヘビ肉をトッピングしたピザを売り出しました。もちろん日本ではありません。
 ヘビのピザは、ピザハットが香港中心部にある1895年創業のヘビ料理店「蛇王芬」と組んで考案。9インチ(約22センチ)のピザにアワビのソースを載せ、細切りにしたヘビ肉とシイタケ、金華ハムをトッピングしています。どれも中国伝統のヘビ煮込み料理に欠かせない食材で、同時にネットで注目を浴びることを狙った宣伝戦略でもあるとのことです。

 香港や中国南部では昔から、特に冬の間はヘビの煮込み料理を楽しむ習慣があります。広東省には、ヘビの一番の食べごろは「秋風が吹き始める時」、つまり冬眠に備えてヘビが太る時期だという言い伝えがあります。ヘビ肉には薬膳効果があり、皮膚の状態が改善して体が温まると信じる人も多いとのことです。

 ピザハット香港法人は発売を前に「チーズや角切りの鶏肉と合わせると、ヘビ肉の味が豊かになる」と宣伝し、滋養のある肉は血液の循環を高める効果があるとアピールしています。ヘビ料理は東南アジアでも一般的で、ベトナムやタイには食用ヘビの農場があるそうです。

 私も中国厦門に出張に行ったときに街で良く「蛇」の文字が出ているレストランを見ました。日本の鮮魚料亭のようなところにいくと生けすに入った蛇がとぐろを巻いていました。丁度日本でいうタイが生けすのなかを泳いでいるイメージです。気持ちが悪いので食べませんでしたがもしかしたら他の料理に混じっていたかも知れません。
元記事:CNN



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

蛇のピザは願い下げですね、牛豚などとおなじ肉なのですが小さいうちから食べつけていないと気持ち悪さが先にたちます。
その国や地域の文化なので地元の人には抵抗はないでしょう、そういう人たちは庭で蛇を見ても我々ほど気持ち悪いとは思わないようなきがします。
尾頭付きは睨まれているようで目玉が気持ち悪い、ピクピク動いている活造りや魚を生で食べるなんて・・・、そういう感覚が日本人に理解できないのと同じことなのでしょうね。
2023.11.27 09:31 | URL | kaz #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

見方によってはタコやイカもグロテスクだと思います。
その食文化がない国にとっては蛇と同じかも知れません。
蛇は嫌ですが中国や朝鮮は犬を食べる文化がありますね。
もはや先進国の仲間入りをしているのにどうするので
しょうね。
以前中国の田舎の市場を散策していたら犬の肉が店頭
にぶらさがっていました。愛犬家からするとゾッと
します。

愛新覚羅
2023.11.27 10:02 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4205-e6f788af