マウスポインタを自動移動で離席バレ”を防ぐ

Posted by Two-Pen on 23.2024 パソコン関係 2 comments 0 trackback
U20A-MMJGR225.jpg 株式会社アイネックスは2024年2月2日、マウスポインタを自動的に動かすことができるUSBマウスジグラー「U20A-MMJGR」を発表しました。すでに2月7日に出荷が開始されています。

 U20A-MMJGRはマウスポインタを自動的に動かすことができます。小型USBドングルのような形状のUSB機器です。ポインタが自動で動き続けるため、スクリーンセーバーやスリープが動作するのを防ぐことができるほか、テレワーク時の“離席バレ”防止にも使えるとのことです。

 本体にはON/OFFスイッチとモード切替スイッチを搭載。動作モードは、極めて小さい範囲で左右に移動させる「モード1」(初期設定)、左右に一定距離移動させる「モード2」、画面内をランダムに移動させる「モード3」の3種類から選ぶことができます。なお、前回シャットダウン時の設定を記憶するメモリー機能付きです。

 外形寸法は幅22mm、奥行き16mm、厚み7mm。動作状態がひと目で分かるインジケータも備えています。
U20A-MMJGR 市場想定売価税込1,880~2,080円 株式会社アイネックス: https://www.ainex.jp/

 なるほど、こんな用途があるのですね。確かにスクリーンセーバーが起動していれば長いこと離席しているなと思われてしまいますね。しかしスクリーンセーバーは起動するまでの時間を決めることが出来るし起動させないことも出来るので必要なのかなあと思ってしまいます。でもスクリーンセーバーの代わりにはなりそうですね。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

具体的にどういうケースでつかうのでしょうね、テレワークをやったことがないので見当がつきません。
監視システムでデスクトップ共有等でPCのスリープ状態をチェックしているのかもしれませんね。
私には無用の長物ですが買う人がいるから商品化されたのでしょうね。
2024.02.23 14:52 | URL | kaz #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

オンラインでなくても人数が多い部署では誰かいなくなって
もわからないでしょう。
私などひっきりなしに喫煙所にいっていました。
喫煙所ならまだしも外の喫茶店に行っている場合もあるかと
思います。そういうときは上司として役にたつかも知れません。

Two-Pen
2024.02.23 18:56 | URL | Tow-Pen #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4294-58cb84e0