火事の原因 和歌山市のデータ分析

Posted by Two-Pen on 02.2024 独り言(意見) 6 comments 0 trackback
Battery-lithium-cr2032.jpg 「タバコ」に「コンロ」。消防局に記録が残る出火原因の1位について、長年の歴史が変わりました。
和歌山市によりますと、記録に残る昭和25年(1950年)以来初めて、出火原因の1位が『電気機器』になったということです。
 去年1年間、和歌山市では電気機器が原因で発生した火災が15件あり、そのうち7件がリチウムイオン電池など充電式の蓄電池によるものです。それ以外は、冷蔵庫や電子レンジ等の家電製品などだということです。

 リチウムイオン電池は、スマートフォンやゲーム機器、電子タバコなど多くの製品に使われ、『衝撃を加えると発火する』性質があります。消防の実験では、リチウムイオン電池に釘で穴を開けたり、ハンマーで破損させたところ、変形や破損が起きたあとに発火。火はすぐに収まらず、数分間燃え続けていたということです。

 消防によると、ゴミに出された「リチウムイオン電池」が、ゴミ処理施設で破砕機につぶされて発火する事例もあるということです。
 火災の原因の1位、歴史をひもとくと和歌山市では、最も古い昭和25年(1950年)には「煙突」でした。平成元年(1989年)にはなんと「放火」。そして令和元年(2019年)には「タバコ」だったということです。近年は、ほかに「コンロ」や「たき火」が上位を占めていましたが、今回はじめて「電気機器」になりました。

 和歌山市は、蓄電池について「膨張、異音、異臭など異常が生じたものは使用しない」、「充電中に熱くなるなどの異常があった際は使用をやめる」、「廃棄の際は一般ゴミでなく、リサイクル協力店の回収ボックスを利用すること」などを呼びかけています。

 意外なデータですね。私も単3とか単4電池は分別して捨てていますがリチウム電池となるとそれを使っている機器ごと捨ててしまっていることが多かったのではないかと反省しています。面倒でも取り外して捨てないといけませんね。
元記事:MBSニュース




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

リチウム電池は燃えますからね、、、いやぁ、気を付けないとですよ。
枝垂れ桜ですけど、流山市名都借の清瀧院に樹齢400年のしだれ桜があるみたいですよ。16日ぐらいから咲いているみたいなので、今週はきれいなのではないでしょうかね。
2024.04.02 07:43 | URL | TORU #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

清瀧院のこと良くわかりましたね。グーグルマップで確認
したら車で15分くらいで行けそうなところです。
今日明日は用事がありますので明後日あたり行ってみます。
情報ありがとう御座います。

Two-Pen
2024.04.02 08:27 | URL | Two-Pen #- [edit]
リチウム電池、燃えるんですね。
知りませんでした。
スケールにも使ってるみたいです。
気を付けないとですね。
昔は、本当にタバコの火が危ないと出掛ける前は相葉ちゃんが火の元の確認をしていました。
今は誰もタバコを吸いませんので確認はなしです。
2024.04.02 13:49 | URL | 薫子 #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

私は昔寝タバコで何回もあぶない目に会いましたよ。
でも今は禁煙していますのでその心配はありません。
仏壇の線香も夜は短くして備えています。

Two-Pen
2024.04.02 21:45 | URL | Two-Pen #- [edit]
仕事柄リチウム電池の発火については現役のころからよく知っていました。
iphoneなどの交換用バッテリがネットで売られていますが素性や品質がわからないのでバッテリだけは怖くて手が出せません。
スマホ用のモバイルバッテリも落下や衝撃に弱いのでわたしは使っていません。
リチウム電池の発火については周知はしていませんでしたから一般の人が知らないのは無理もありませんね。
2024.04.03 13:09 | URL | kaz #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

そうなのですね。そんな怖いものとは知りませんでした。
今使っているiPhone13moniは気に入っているのでバッテリー
がヘタったら自分で交換しようと思っていましたがお話を
伺ってやめました。ありがとうございます。

Two-Pen
2024.04.03 13:58 | URL | Two-Pen #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4332-a24c7a22