FC2ブログ

我が街自慢

Posted by aishinkakura on 21.2013 日常 6 comments 0 trackback
流山 私が6年前から住んでいる千葉県流山市の自慢です。人口減少が多い地方自治体のなかで我が市は2005年と比べて16万8千人と1万人も増えています。しかも増えているのは30歳代の若いファミリー世帯です。これは殆どつくばエクスプレス開通の効果ですが民間シンクタンク出身の井崎市長の市政も大きく貢献しています。市長はまず日本で一番快適で住み易い街にするという目標をかかげSWOT分析やポジショニング、ターゲットの整理などのマーケティング戦略を遂行しました。ただ役所というところは保守的でマーケティングというのは前例がないと猛反発を受けたそうです。市長は自らが講師となりマーケティングについて半年間勉強会を行ったそうです。流山市はゆとりある住宅が整備できる環境や、街全体に緑が多いという強みがあります。さらに、2005年8月に「つくばエクスプレス」が開通したことで、都心から移動する際の所用時間が20~25分に短縮されました。このような強みを考慮して、「都心から一番近い森のまち」と、都市のイメージを設定。さらに、メインターゲットとして、いわゆるDEWKS(共働きの子育て世帯)を設定しました。勤め先が都内にあったとしてもその都心に近くて、しかも子育てする住環境が充実している。これを訴求していこうと。ターゲットを決めて施策を展開していることは、自治体として特徴があると言えると思っています。子育て世帯に選ばれる街になるための方針として、大きく3つの柱があります。
 ひとつ目は、財政健全化の実現。効率的、効果的な経営体に変える必要があります。市の財政状況が悪くては、都内で手厚い市民サービスを受けている人を誘導することはできません。
 2つ目は、良質な住環境の整備。2007年に「景観条例」、10年に「最小区画住宅面積の拡大」を規定した「開発事業の許可基準等に関する条例」、そして12年に街の付加価値を高める開発を誘導する「街づくり条例」。さらに、13年には「子育てにやさしいまちづくりの環境を整えるための大規模な共同住宅等の建築における保育所設置の協力要請に関する要綱」を策定しました。緑についても、「CO2吸収源倍増計画」などを進めています。
 3つ目は、子育て・教育環境の充実です。許認可保育園の新設・増設により、定員数を2009年度に比べて67%増やしました。これからもさらに増強し、定員数を09年度から14年度までの6年間で2.5倍に増やし、待機児童ゼロを目指します。
 このような市政の結果出来たコピーが「母になるなら流山市」「父になるなら流山市」です。この街に一生住むつもりなのでこれからの市政に更に期待しています。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

住んで居る街の自慢が出来る事は素晴らしい事です。

私も、わが街、甲府が大好きで、生まれてからよそに住んだ事は
有りません。

小さな街ですが意外と住みやすいのです、でも、今年の様に暑いと
嫌になる人も居るかもしれませんね。
2013.08.21 05:57 | URL | kainohidesan #JyN/eAqk [edit]
kainohidesan様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

hidesan様が郷土を愛していらっしゃることはブログのハンドルネームに
甲斐をつけていることだけで解ります。そしてVF甲府ですね。
我が町に不満はありませんが私の住んでいるマンションの近くには
コンビニがないのだけが不便です。

愛新覚羅
2013.08.21 07:17 | URL | aishinkakura #- [edit]
おはようございます。
この記事を読んだだけで20歳若かったら流山市に住みたいと思いました。
共同住宅に保育所たあったらどんなに便利でしょう。
時間的にも体力的にも大助かりです。
2013.08.21 08:52 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
おばちゃん様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

長い記事を読んで戴き恐縮です。私の書いた部分は最初と最後だけで
あとは市長の言葉のコピペです。市長は二子玉川を目標にしているようです。
おばちゃん様の古里ですね。
流山は今迄僻地だったのですがつくばエキスプレスの開通で一変しました。
私の家は沿線ではなく私鉄に1駅乗り換えるのですがそれでも都心にいく
には大変便利です。ここから後何年か通勤するつもりでしたが家内のこと
で退職してしまったのでメリットが半減してしまいました。

愛新覚羅
2013.08.21 09:01 | URL | aishinkakura #- [edit]
素晴らしいトップがいると
活き活きした街になる典型ですね
同じ原資でも知恵と工夫によって全く違った価値を生み出す
我、高松も愛すべき自慢の街ですが
もう一工夫あるともっと素敵になるかも…
2013.08.21 09:18 | URL | 植本多寿美 #JyN/eAqk [edit]
Tazumichi様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

市長は県の事も国のことも近隣の市のことも頭に入れて市政を行わなく
てはならないので大変だと思います。また役所内もいわゆるお役所気質
の人が多く民間企業のようにトップダウンが出来ない環境だと思います。
そのなかで部下を説得しつつ目標に向かっていく井崎市長は立派だと思います。

愛新覚羅
2013.08.21 09:28 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/434-3df5f0bc