学歴でがん死亡率に差

Posted by Two-Pen on 03.2024 独り言(意見) 4 comments 0 trackback
学歴とがん死亡率b5 国立がん研究センターは3月28日、日本人の教育歴ごとの死亡率推計を国際専門誌に発表ました。大学以上卒業者に比べ、中学卒業者は1.4倍程度、高校卒業者は1.2倍程度、死亡率が高いというデータが出ているそうです。
 喫煙率の高さや、がん検診受診率の低さなどが影響した可能性があるとのことです。日本全体で、最も長く教育を受けた群と、最も短い群の死亡率格差を示す「格差指標」は約1.5倍。2倍前後とされる欧米などと比べれば健康格差は小さいそうです。

 学歴が高いと大企業に入っている人が多いのでしょうね。そうすると確かに福利厚生が行き届いていますので健康診断が義務化されていますし、発病しても入院や通院がしやすいでしょう。零細企業や個人経営では人的フォローがしにくいので治療が後回しになってしまう場合が多いのでしょうね。
元記事:ヤフーニュース



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

学歴によってがんの死亡率が違うのはなんとなく理解できます。
在職中は毎年健康診断がありましたし、健康への関心が高かったりと、企業の規模によって働いている人達の関心の向かう方向も違うような気がします。
2024.04.03 13:40 | URL | kaz #- [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

職業的なことをいうと静岡県知事のようになってしまいそうですが
確かに個人経営をしていると健康管理がおろそかになるでしょうね。
偏見だとは思いますが職人さんなんかはタバコと酒が大好きという
イメージがあります。

Two-Pen
2024.04.03 14:03 | URL | Two-Pen #- [edit]
驚きましたが、要は、検診の頻度、ですね。

私達退職後シニアは、そうそう検査、検診、しませんものね。

2024.04.03 22:07 | URL | パープル #- [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

咽頭がんは一般の健診ではみつかりにくと思います。
例え企業在籍中に健診を受けていてもみつからなかった
でしょう。
異常を発見するのは本人になってしまいますよね。
そこで病院で確認してもらう訳ですが、信用できる
病院に行かないと発見してもらえません。

Two-Pen
2024.04.04 06:22 | URL | Two-Pen #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/4348-7f52c025