三国志ファン

Posted by aishinkakura on 26.2013 お気に入り 8 comments 0 trackback
指相撲 いやはやこんな遊びもあるのですね。「三国志」にまつわる品などを集めた山口県光市の資料館「三国志城」で8月14日、ファンの集いがあり、関東から九州までの各地から約50人が集まりました。人気のコンピューターゲーム「三國無双」の影響でコスプレ姿のファンも。曹操や諸葛亮などになりきり、ドミノ並べや指相撲対決などで交流を深めたそうです。魏・呉・蜀に分かれた国取り合戦では、蜀、呉の順に滅び、魏の司馬兄弟役の参加者が制覇。史実を思わす展開に、「思い入れの強さが表れた」と代表者がコメントを出しています。
 一昔前は三国志といえば歴史好きのオジサンの専売特許のようなもので飲んで語るのが好きなシニアが沢山います。最近はゲームの影響で若い人のファンも多いのですね。だけどコスプレまでは要らないと思うのですが・・・。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

愛新覚羅さま
いつもありがとうございます、

私は 魏・呉・蜀 ではなく
魏・蜀・呉 と 習いました、
当然 子供に バカにされました、

以前 中国のアニメ・TVで 三国志を観ました、
なかなかの出来栄えで 
三顧の礼!など よく 描かれていました、 たか
2013.08.26 12:34 | URL | たかちゃん #JyN/eAqk [edit]
たかちゃん様
こんにちは。コメントありがとう御座います。

三国志の舞台は2世紀から3世紀頃ですから日本はまだ卑弥呼の時代です。
その頃は圧倒的に中国の方が文化、軍事ともに優っていました。
その頃の日本は書が無く魏志倭人伝のように魏国が書いてくれたのが残って
いるだけです。
日本が経済で中国を抜いたのはズーと後の明治維新後ですね。
でも直近では抜き返されてしまいました。中国の底力を感じます。

愛新覚羅
2013.08.26 13:50 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは!
三国志は長編なので手に取る勇気がありません。
三女は子供用の三国志を何種類か読んだようです。
子供の三国志なら読めそうです、読んでみようかな…(^0_0^)

2013.08.26 18:52 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
おばちゃん様
こんばんは。コメントありがとう御座います。

読書嫌いな私は本の方は読んでいません。
たまにTVで放映されることがあり昨年夏からこの春まで全98話放映された
ものを欠かさず観ました。スケールが大きいのと登場人物が多く、また
その個々が個性豊かなのが気に入って全て観ることが出来ました。
きっと気に入った人物が出てきますよ。(大体殺されてしまいますが)

愛新覚羅
2013.08.26 19:23 | URL | aishinkakura #- [edit]
 こんばんは。

 「三国志」には、基本的に「正史三国志(歴史書)」と「三国志演義(文学)」とがあり、前者は魏の国が正統とされ、後者は蜀の国が主役です。呉の国は、と言えば、どうも脇役なんですね、これが。三国志は大好きですが、オイラとしてはこれが不満なんですね。

 日本人の書いた小説でも、ゲームの中でも良いですから、たまには「最後まで呉が主役」のものが見たい(読みたい)です。

 
2013.08.26 22:45 | URL | 怪盗アルセーヌ・ルニャン (=^_〇=) #JyN/eAqk [edit]
ルニャン様
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

映画レッドクリフは呉が主役ではなかったでしたっけ?
しかし、あれも英雄視されているのは孔明だったかもしれませんね。
孫権など聡明で魅力的な人物だと思いますが。

愛新覚羅
2013.08.27 07:49 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんにちは。

もちろん、「レッド・クリフ」のことは忘れていません。しかし、「レッド・クリフ」は「三国志」の中の一部分でしかないのですよね。BSフジで放送したドラマでも、呉の国は途中で忘れられた存在になっていたのですね、これが(泣)。孫権がもっと見たかったです。最後まで残った呉と最終的な勝者の司馬家はなんだか不人気なような・・・

現在の呉の地元・ 南京か上海あたりのテレビ局がこのドラマを作ったら、もっと呉の国に存在感が出てくるのかなあ・・・?
2013.08.27 12:51 | URL | 怪盗アルセーヌ・ルニャン (=^_O=) #JyN/eAqk [edit]
ルニャン様
こんにちは。再コメントありがとう御座います。

テレビ局も人気商売ですから視聴率を考えると人気のある蜀に
焦点を合わさざるを得ないのでしょうね。
三国志は国もそうですが人物的にももっとスポットをあてて
ほしいという人もありますね。

愛新覚羅
2013.08.27 13:17 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/439-ed9c12d7