得手、不得手の不思議

Posted by Two-Pen on 10.2012 独り言(意見) 2 comments 0 trackback
 ボルトはやはりスーパースターです。圧倒的強さとは彼のためにある言葉のようです。オリンピックとか世界陸上など国際的な大会を観ていると国別、人種別に得手、不得手がみられます。これだけ短距離が強いジャマイカがなぜ中、長距離では活躍できないのか、反対に中、長距離でダントツのケニア、エチオピアがなぜ短距離が弱いのか、なぜやり投げは北欧諸国が強くハンマー投げや砲丸投げは旧東欧諸国が強いのか、なぜレスリングは中央アジアが強いのか、なにか原因があるのでしょう。あれだけ黒人選手が活躍するアメリカでなぜ女子サッカーは白人だけなのでしょうか?他の欧州各国は黒人選手を使っているのに変です。逆にはっきりしているのはアメリカのバスケットボールとか南米のサッカーとか人気プロリーグのある種目は競技人口が多いということもあり強いようです。しかしなぜ日本の柔道はここまで弱くなったのか不思議です。




ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

 こんばんは。これはたしかにありますにゃあ。日本の水泳は平泳ぎや背泳ぎ(バタフライもたまに)は強いけれど、自由形は目立ちません。

 更に不思議なのは、同じ国でも男女別の差があることです。例えば、日本の体操・男子は強いけれど、女子はメダルに全然手が届きません。おそらく、その逆の種目もあるでしょうし、他の国でもこんなことはあるでしょう。

 地域別でも、千葉県の駅伝・女子は優勝争いができるし、実際優勝経験もありますが、男子は中団に埋れたまま。こんなのも不思議です。
2012.08.11 00:17 | URL | il gatto (=^o^=)/ #JyN/eAqk [edit]
50年位前、山中毅というクロールの選手がいて1500mに強く常に金メダルを競っていた時代もありましたが今は全くですね。
水泳に黒人選手がいない(いるのかも知れませんが)のも不自然です。射撃も然りです。
更に冬期オリンピックは黒人の姿さえみることがありません。
日本人もジャンプとモーグル以外では活躍の場がありません。何回か前にアルペンスキーで銅メダルを獲得したことがあり、これはなでしこどころではない快挙なのにあまり報道されませんでした。日本のスポーツマスコミもかなり変です。
2012.08.11 08:40 | URL | aishinkakura #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/45-d59d676f