Old Car-3

Posted by Two-Pen on 30.2012 オールドカー 2 comments 0 trackback
s-800 思い出のオールドカーも第3弾となりました。今回はTOYOTA S-800です。この車は1965〜1969年にかけてTOYOTAから販売されました。(開発は関東自動車工業)大衆車パブリカをベースとして徹底的な軽量化と空力合理化をした車です。エンジンはパブリカの空冷2気筒700ccをボアアップして790ccとしキャブを2連装して45psを絞り出していますが、いかんせん非力です。ところが車重が580kgしかないのと流線型ボデー効果で最高速度155kを出すことができました。この車での155kは怖いでしょうね。対象的なのがホンダのs-600,s-800ですがこちらは車重700kgをDOHCの高出力エンジンでカバーしていました。TOYOTA S-800は正面からみたとき可愛い顔をしていて、その昔子供TV番組「木馬座」でカエルキャラクターの「ケロヨン」が乗っていたことでも有名です。愛称はこれまた可愛く「ヨタハチ」でした。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

・・・って、実はこんなシンプルなメカニズムにこそあるのではないでしょうか。

 と申しますのも、先日のTOYOTA2000GTなど、当時の最先端をいっていた車ほど現代の技術と比べて見劣りしてしまうんですね。

 ところが、このヨタハチ、もう現在に同じものを作ることはできないからこそ羨ましさを感じてしまいます。

 (もう現在に同じものを作ることはできない)とはいえ、過去の国産車の中で一番レプリカを作ってほしい車でもあります。この可愛らしいデザインはそのままに、水冷エンジン(空冷の方が面白そうではありますが、そのままではエアコンも無理でしょうし)、FFのメカニズム(これもやはりFRの方が楽しそうですが生産性を考えると)、ATの設定など、現代の機能も取り入れた安価で楽しいスポーツカーができるのではないでしょうか。

 ヨーロッパでは、フィアット500やワーゲン・ビートル、ミニなんて名車たちが復活していますので日本でもできそうに思うのですが。


 あと、サーキットでも魅力がありそうですね。
 ライバルたちにパワーで負けても、優れた空力や軽量化、マシンのバランス、やメインテナンス・フリー・・・etc。大きさこそ違いますが、‘90年代のF1のベネトン・フォードの戦い方もこうでしたね。


 ところで・・・ケロヨンは「おはようこどもショー」ではなくて、「木馬座」のキャラでしたよ。当時その番組を見ていたお子ちゃまだったのでよく覚えております。
2012.08.30 23:26 | URL | il gatto (=^o^=)/ #JyN/eAqk [edit]
木馬座の件、大変失礼いたしました。即刻修正致しました。
ところでお早う子供ショーの中の木馬座コーナーではありませんでしたっけ?
ヨタハチが最後はベネトンフォードまで飛躍するとは思いませんでした。
ちょっと飛躍しすぎでは?
いずれにしても復刻されるといいですね。なにせタルガトップの車は珍しい
ですから相当目立つでしょう。
またのウンチクを期待しております。
2012.08.31 07:41 | URL | aishinkakura #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/67-06c46c8a