満州語の復活

Posted by Two-Pen on 18.2014 独り言(意見) 12 comments 0 trackback
 朝日新聞デジタルに掲載されていた記事です。私はハンドルネームにも清王朝の名前を使っているくらい満州に興味があります。軍国主義がどうこうという訳ではなく文化継承ですので頑張って復活してもらいたいと思っています。以下がその記事です。
 消滅の危機にある満州語の伝承をめざし、中国遼寧省の瀋陽師範大学が2日、社会人を対象にした満州語講座を始めた。遼寧省が費用を出し、第1期は同省内にある満州族学校の教師や満州族自治地区の政府職員ら約30人が、3カ月間の研修を受ける。満州語の研究を続ける瀋陽師範大学であった開講式では、講師を務める学外の専門家らが「貴重な機会を生かし、満州語の会話力をつけて欲しい」と激励。生徒の一人で民族学校教師の孫宝成さんが「学校には満州語を操る教師がいない。学んだ知識を学生に伝えたい」とあいさつした。中国政府は1985年まで満州族に自治地区や民族学校の設立を認めず、満州語の継承を阻んできた。満州族が建てた清朝や、日本に協力した満州国に統治された歴史が原因で、東北地方では満州語を操る人が数十人まで激減した。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.18 09:50 | | # [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

なにも隠すことはないと思います。
満州国も建国当時は夢と希望に満ち溢れた国だったと思います。
ただし戦争に利用されたのが残念でした。
清王朝は満州族のなかでも女真族といわれた部族が起こした国
だと聞いております。しかし蒙古帝国同様に人数が少なかった
ので漢民族を支配するのは大変だったのでしょう。
今の中国の伝統的な文化は清王朝の影響を受けているものも
多いようです。国はほろんでも文化はそう簡単に滅びませんね。

愛新覚羅
2014.04.18 10:00 | URL | aishinkakuraaira #- [edit]
こんにちは。
本をお読みにならないといつもおっしゃっていますが、小説は
読まないということでなんですね。
何にでもお詳しいです!
中国の歴史は沢山の民族間の争いですね。
文化の継承が民族の結束を高めると警戒されていたんでしょうね。
2014.04.18 14:30 | URL | おばちゃん #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。コメントありがとう御座います。

ハイ! 読書をしませんので知識は全てテレビとインターネット
及び同様の趣味を持っている会社の部下たちからです。
退職したので会社関係はなくなってしまいました。
中国は仕事でかなりの回数行っていますので現地の人達から
も話を良く聞きました。
殆どが漢民族と北方民族の覇権争いから国が出来ているみたいです。

愛新覚羅
2014.04.18 15:44 | URL | aishinkakura #- [edit]
今晩は この事は私も聞いておりました。歴史をひも解くには言語の継承は必要ですね。
女文字も一時ニュースになりましたが、その後のことは出て来ませんね。
満州語の研究者だった神田信夫先生は随分前にお亡くなりになっていますが、日本での研究者が現在いるのかどうか知りません。いるとすれば注目していることでしょうね。
2014.04.18 21:22 | URL | 相子 #JyN/eAqk [edit]
愛新覚羅さま
 こんばんは。

海洋国家だの、強制労働の訴訟だの、最近私にとって、うっとうしい存在の中国だけに、
満州語の伝承は、久しぶりに聞く、中国の好いお話しでした。
文化の継承は、大事なことですね。

さて、満州帝国の建国の理念は、五族協和と王道楽土の建設でしたっけ。
理念自体は素晴らしかったし、また、時代背景や正義の概念が現在と大幅に違うので、
歴史は一概に否定出来ないと思っています。

近隣諸国には、未来志向で、その辺を理解してもらい大人として仲良くして行きたいものですね。
2014.04.18 21:44 | URL | くまモン #JyN/eAqk [edit]
歴史から得るものは多いですよね。
話は少しずれるかもしれませんが、
私は以前かな習字をかなり真剣に習っていた頃が
ありまして、その時に日本の文化(かな文字も含め)は
満州の文化がなければ、出来上がらなかった事を
知りました。

出来れば、そんな過去の歴史を踏まえて大事にお付き合い
していきたい国ですよね。
2014.04.18 22:21 | URL | マメちゃんママ #JyN/eAqk [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

相子様は幼少期満州でお暮らしになっておられたのですよね。
関東軍の横暴が始まるまでは暮らし易い国だったと聞いております。
中国にしても満州族を無理に取り込むのではなく別国家の方がやり
やすかった面もあると思います。
中華民国は長く中国を治めた清国をないがしろにしたのですから
満州国の建国は必然的だったのではないかと思えます。

愛新覚羅
2014.04.18 22:27 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

五族協和と王道楽土の建設。そうです。お詳しいですね。
理想は非常に高かったと思います。
ロシアの南下を押さえたかったのかも知れません。
しかし実際のところは誰にも解らないでしょう。
近代なのに謎の多い事件です。軍部がからむと謎だらけ
になってしまいます。

愛新覚羅
2014.04.18 22:32 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。コメントありがとう御座います。

>出来れば、そんな過去の歴史を踏まえて大事にお付き合い
>していきたい国ですよね。

残念ながらおつきあいしたくても、もう国がなくなってしまいました。
せめて満州族は現代中国の中でたくましく生きていってもらいたいと
思います。

愛新覚羅
2014.04.18 22:38 | URL | aishinkakura #- [edit]
こんばんは。

満州語というものがあったのですね!
モンゴル語と同じようなものを話すか、普通の中国語だと思っていました。

これはどちらにも属さない言葉なんですか?
いわゆる方言とは違うのでしょうか?
2014.04.19 02:48 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [edit]
おはよう御座います。コメントありがとう御座います。

中国には沢山の言葉があります。北京と上海でも言葉が違います。
一般に中国語といわれているものは北京語です。
満州語もその他多くの言葉と同じで方言です。というより外国語
に近いと思います。鹿児島弁と津軽弁より大きな差があります。
かろうじて漢字でつながっているだけです。
でもテレビなどは北京語なので国民は北京語は理解出来ます。

愛新覚羅
2014.04.19 06:27 | URL | aishinkakura #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/681-6049fc66