FC2ブログ

Bohemian Rhapsody

Posted by aishinkakura on 06.2012 ロックの名曲 3 comments 0 trackback


私が大好きなRockの不滅の名曲です。若い方も一度は聴いたことがあるのではないかと思います。そうですQueenです。今でもあちらこちらで曲の紹介があるかと思いますが4楽章で構成されています。
第1楽章  スローバラード
第2楽章  オペラ
第3楽章  ハードロック
第4楽章  スローバラード
実にみごとな展開です。また4人なのになんと音の厚みがあるのでしょう。あの偉大なBeatlesも音楽性ではQueenにかなわないでしょう。BeatlesはQueenの前に生まれてラッキーだったというべきでしょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願い致します。

▶ Comment

 こんばんは。おっ、今日の記事は記念すべき初動画ですね。そこでクイーンを選んでくれるというのがうれしいですなあ。

 ビートルズとクイーンを比べると、前者は「実力のあるアイドルがアーティストに育っていった」、後者は「元々最高の実力を持ったアーティストがアイドル性も得ていった」というところでしょうか。もっとも、オイラがビートルズについて書いた方は万国共通の評価ですが、クイーンについては、あくまでも日本での評価であって、各国で違いもあると思います。

 また、一人一人の「地」についても、前期ビートルズが、アイドルとして生きていくために、かなり「いい子」ぶる必要があったのに対し、元々育ちの良かったクイーンの方は
 もっと自然に振舞うことができたようです。つまり「地」のままで十分愛されたということですね。特に日本ではそうだったでしょう。

 更に、ビートルズ、特に後期が、新しいものを生み出す目的のために外部の目新しいものを次々に取り入れていったのに対し、クイーンは自分たちの内部にあるもので十分に新しいものを生み出せた。いや、斬新な音楽を演奏してはいますが、彼らは無理に「新しいものを」とは考えていなかったことも考えられます。むしろ保守的だったかも知れません。当時としては珍しい楽器で、流行しつつあったシンセサイザーを取り入れなかったこと、そして、わざわざレコード・ジャケットにそのことを書いていたくらいですから。

 いずれにしても、オイラにとっては、幼年時代の人気者だったビートルズよりも、少年時代~青年時代に聴いていたクイーンの方がはるかに親しみやすいです。しかも、イギリスのバンドではありますが、まず日本で人気が出てきたことなど、我が国のロック・ファンは自慢することができるのですから。

 いやあ、それにしても長いコメントになってしまいました(笑)。aishinkakuraさんの本文の何倍の長さでしょう(爆死!)。

 
2012.09.06 23:18 | URL | il gatto (=^o^=)/ #JyN/eAqk [edit]
・・・ジョンがチラっとしか写っていませんなあ、この画像は(汗)。ロジャーは何度も写っていますが、えらく短い(滝汗)。まあ、予想通りではありますが(苦笑)。

 しかし、こんなところが地がアーティストであるクイーンと、アイドルであるビートルズの違いかも。ビートルズであればリンゴやジョージもキャラで人気者になれますが、これがクイーンだとそうはいかない。とはいえ、ジョンやロジャーだってもの凄い実力の持ち主なのですが、フレディやブライアンの前だと霞んでしまうのですなあ、これが(遠い目)。
2012.09.06 23:38 | URL | il gatto (=^o^=)/ #JyN/eAqk [edit]
それにしてもilgattoさんは通ですね。Queenがまず日本で人気がでたことを知っているなんて!私はQueenがシンセを使わなかったことも知りませんでした。John Deaconの件ですが確かにあまり写っていませんね。これはJohnの人気云々ではなくBassそのものが目立たない楽器だからでしょう。ボーカルもとっていればもっと写るのでは?
現にKissのGene Simmonsあたりは写りまくっていますから。彼より数段男前のJohnなら当然Freddie Mercuryよりも写るでしょう。
2012.09.07 08:18 | URL | aishinkakura #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:https://twopen.blog.fc2.com/tb.php/74-e31fa4d5